海外セレブウォッチャーさかい もゆるの「セレブ胸キュン通信」

2017.10.29

やっぱりデニムは最強のおしゃれパートナー♥
ヴィクトリア・ベッカムに学ぶ最新デニムスタイル

突然ですが、私が以前、「その通りだな〜」と頷いてしまった知人の名言に、「デニムと物件と運命の相手は同じ。出会ってしまったら手に入れるしかない」という言葉があります。自分に完璧にフィットするデニムってそうそう巡り会えないから、もしもみつけてしまったら、これはもう、少々お高くても予定外でも、買ってしまうしかない。だって考えなくても、何を合わせてもそれなりにキマッてしまうし、何より、自信を持って過ごせる。

それくらい、デニムっておしゃれの心強い味方ですよね。

そんなワケで今回は、アラフォーのデニムの着こなしのお手本と言えばこの方! ヴィクトリア・ベッカム様の最新デニムスタイルをご紹介したいと思います。

キャメルのタートルニットにハイライズのブルーデニム。シンプルなスタイルだからこそ、アイテムのシルエット選びがかなり重要。ヴィクトリアは旬カラーの赤いパンプスを合わせることで今年らしさを投入しています。写真:INSTARimages/アフロ
白Tにデニムというベーシックスタイルに、ビッグジャケットを羽織って。パープルのパンプスで遊び心と女らしさをプラス。写真:Splash/アフロ
黒の衿高タートルニットにボーイフレンドデニムを太めベルトでウエストマークして。裾を多めにロールアップして、スタイルバランスを調節。足元は黒ブーツで、これなら冬もあったかそうでぜひ真似したいスタイリング!写真:Splash/アフロ
トレンドのロゴTシャツも、ハイライズデニムだからこそこんなにキマるのです。写真:Splash/アフロ

元々、デニムをプロデュースしたこともあるくらいデニム好きなヴィクトリアだけど、最近ますますデニムをはいていることが多いみたい。

そしてヴィクトリアを見ていて気づいた、今年らしくなおかつアラフォーの体型を綺麗に見せるデニム選びのポイントはふたつ。

POINT1:ウエスト&ヒップを包み込む、ハイライズタイプ。これはトレンド的にも絶対ですね。フラットシューズが主流の今、ヒールがなくても脚を長く見せてくれるハイライズのデニムはマスト。ヴィクトリアのようにクロップド丈のトップスや、トップスの裾をインして着ることでさらにスタイルアップ効果が得られます。

POINT2:足首がちらりとのぞくアンクル丈。ヴィクトリアを見ていると、ポインテッドトゥのピンヒールに足首ジャスト丈のデニムを合わせることで、女性らしい華奢感を演出できるみたいです。

さらには、彼女のように、ピタピタすぎず程よいゆとりがあるシルエットを選んだほうが、大人の体型を美しく見せてくれるよう。

実は私自身も、最近お気に入りの運命デニムに2本立て続けに出会ってしまい、この冬は寒くてもソックスを合わせてデニムスタイルを楽しもうと心に決めたばかり(笑)。そんな矢先にヴィクトリアのデニムスタイル・スナップをたくさんみつけて、なんだか嬉しくなってしまったのでした。