2
11/13 UP!

肌のチクチク感が…ない(涙)!
ノーストレスなインナー見つけました by川良咲子[PR]

 

編集部の川良です。秋が短かった、いや無かった今年…。朝晩の寒さがこたえますよね。朝、駅まで自転車を走らせるときの寒さ、毎年のことですがまったく慣れません(笑)。特に今年は雨の日が多いので、体が芯まで冷えて泣きたい気分にさえなります(大げさ…)。

大草編集長にも先日「いつも寒い、寒いって言ってるよね(笑)」と指摘されたばかり。おしゃれのために多少の寒さは我慢します、なんて絶対ムリなんです。仕事も家のことも常に余裕がないので、できるだけ体力は温存、気力も高めをキープするために、できることはなんでもしたい(笑)、そんな感じです。きっと、ミモレを読んでいる皆さんには共感してくださる方も多いのではないでしょうか。

寒さ対策のひとつとして、毎年やっているのが、新しいあったかインナーを買うこと。各社から毎年出る新作を比較して、数点買って毎日着回しています。インナーであたたかく快適に過ごせるなら、それは必要な投資なんですよねー。

今年、注目しているのはKIREILABOの完全無縫製インナー。こちら、まるで赤ちゃんの肌着のように細部まで気遣いに溢れたインナーなんです。何日か試してみて、かなり良かったので皆さんにご紹介させて頂きます!
 

モコモコ重ね着が苦手なので
冬のインナーは超重要なんです・・・

滑らかな素材感はインポートの肌着のようです…♡左から・完全無縫製®インナー8分袖ウォーマー¥2500(税抜)、9分丈ウォーマー¥2500(税抜)/グンゼ〈色はプリマベージュです〉

もともと寒がりのわりには重ね着が苦手で、冬でもニット+パンツなどのシンプルコーディネートなので、インナーは欠かせないアイテム。白や淡い色のニットの下に着ても決してひびかない色、上に着た服がもたつかないフィット感は重要ポイントです。

その点、KIREILABOのインナーは襟ぐり、裾、袖口が切りっぱなしで、薄手のニットや淡い色にニットの下に着ても段差が目立ちにくい。適度なフィット感で、締めつけ感はないのですが、パンツやニットを着てももたつく感じがありません。

この日も着ています!
あたたかい!ひびかない!

ロケハンに出かけた日。短い秋をぎりぎりまで楽しみたくて、コートなし、白ニット&パンツで。中に8分袖ウォーマーと9分丈ウォーマーを着ています。色は写真上のプリマベージュです。
ほら、白いニットを着ても透けてないでしょ?段差も見えないでしょ?とドヤ顔ですみません(笑)。白トップスのときに、ダークカラーのインナーが透けるのは避けたいですよね!
同じくプリマベージュの上下を着ております。ロケバス待ち中。気温は低いですが、体の芯がしっかり温められているので余裕です♡
白ボトムでも、透ける心配ゼロ。9分丈なのですが、ぎゅっと上に引っ張ればそこで止まってくれるのでパンツをロールアップしても見えません。


縫い目がなくチクチクしにくい!
その理由とは・・・

もう一つ、凄いなあと思ったのは、縫い糸を一切使わず、特殊な接着剤で仕上げてあって、肌あたりがとても滑らかなこと。痒くなりがちな内もも部分には接着面すら無いんです(接着面は外もも側にあります)。これって、赤ちゃんの肌着みたいだな、と思いました。

でも、婦人の肌はとても敏感。ホルモン量の低下の影響なのか、摩擦や刺激に弱くなっている気がするのは私だけでしょうか。服や肌着を着たときの着心地は無視できないというより、かなり優先順位の高いチェック項目になっていると思うのです。

袖に縫い目がなく特殊な接着材を使用。縫い目が一切ない…。
脚の接着面は内側でなく外側に。内ももが痒くならないよう配慮されているそう。なるほど!

肌側起毛でふわっとした着心地は眠たくなるくらい気持ちがいい(笑)。そのうえ、生地表面には肌の保湿構造に似た保水機能があり、乾燥しにくいというのも嬉しいところ。個人差はあると思うのですが、私の場合は今のところ一日着てもチクチク感ゼロです♪

あたたかくて、ひびかない、そしてチクチクしない。新たに見つけたお気に入りのインナーと迎える冬は、いつもの年より楽しみに迎えられる気がしています♡


KIREILABOのオフィシャルページはこちら>>

提供/グンゼ株式会社 お客様相談室
tel. 0120-167874

撮影/横山翔平(ティー・キューブ)取材・文/川良咲子