ミモレ編集部のリレー連載 今日のお助けコスメ

2017.11.4

女優の肌のアラをも隠すファンデーション by片岡千晶

こんにちは、片岡です。
今日は最近愛用しているファンデーションを紹介したいと思います。
私、産休前は女性誌のFRaUにおりまして、美容とカルチャーを担当していました。
なかでも、ずっと担当していたのが映画。
映画館や試写会場でエンドロールを見ていたときにいつもいつも撮影協力でクレジットされているブランドがあったんです。
それが江原道(Koh Gen Do コウゲンドウ)。映画のヘアメイク用に、アイテムを提供していたんですね。

名だたる邦画はもちろん(詳しくはこちら)、ハリウッド映画やセレブも愛用している(詳しくはこちら)ということでミーハーな私は一気に気になり始めたんです。
なんていったって、過酷な現場で、それもハイビジョンの大画面でドアップにされる女優さんたちの肌を美しく見せるためのアイテムですよ。きっといいに違いない!

いろいろな保湿成分が含まれていて、しっとり。香料、合成色素、石油系鉱物油、パラベン不使用なので、抱っこしたときに子どもと触れても安心です。 モイスチャーファンデーション (クリームタイプ) ¥4800

SPF効果もない、ひたすら保湿とカバー力にこだわっただけのシンプルなクリームファンデーション。
指にとって、顔にポンポンとのせて、クリームを塗るように全体にザザザッとなじませてから、気になる小鼻のまわり、シミなどにはチョンチョンとさらに重ねます。
このざっくり使ってもキレイな仕上がり&自然な仕上がり、でもカバー力もある、というのがお気に入りの理由。
保湿クリームのようになじむので、そもそもよれたり崩れたりしません。

全部で9色あり、私は13番を愛用。2色混ぜて自分の肌色に合ったオリジナルカラーも作れます。濃いめの色をコンシーラーにしても。出したときは固めのテクスチャーだけど……
指で伸ばすと、ウォータリーな薄い膜が広がる感じ。透けそうで透けない、このバランスが絶妙なんです。

ちなみに、安藤桃子監督、女優の安藤サクラ姉妹も愛用しているようです。
このお二人、自然体で、でも実力もあって、個性的で素敵ですよね〜。
なんとなく雰囲気が大森センパイに似ているような。

片岡 千晶

女性誌で美容担当歴7年。幼い双子を育てているため、選ぶアイテムの基準は「効率のよさ」「安心・安全」そして「癒し」。肌色は標準的なオークルで、季節の変わり目にトラブルに悩まされるゆらぎ肌。ナチュラルメイクが大好きだけど、素肌っぽさが年齢的に通用しなくなり、大人ナチュラルを模索中。

これまで紹介したコスメ一覧を見る