フリーエディター有田麻奈美 「日々丸かじり」

2017.11.11

たまには贅沢に。由布院の名宿へ

本日土曜日は11月11日。なんだか、い・い・い・い・感じではないですか? さて、先日生まれて初めて「エゴサーチ」とやらをしてみました。びっくりっす!!! 検索結果として、ぎょぎょぎょな画像がずらっと並んでおりましたので、今後はちゃんと考えて画像を選ばないとまずいと反省。プリクラみたいなどアップとか、原型をとどめないお遊び加工とか、今後は自粛。さて、九州旅の最後は贅沢しちゃいました。
 

山荘無量搭@由布院

 

現在の由布院をつくったと言われる前オーナーの美意識が隅々まで行き届いた「山荘無量搭」へ向かいます。“さんそうむらた”って読むの。難しいわ4649。チェックインには少し時間があったので、関連施設のチョコレートショップ「テオムラタ」やアートギャラリー「アルテジオ」をぶらり。アルテジオはアプローチから楽し気な演出が。アートと音楽をゆったりした空間で楽しめます。控えめにちょっこり写ってみました!

 
 
 

 JTB勤務のお友達が「九州に行くならココだよ〜❤」とおすすめしてくれた「山荘無量搭」。初めてでしたが素晴らしかったです。全室離れの宿で風呂は部屋にあるのみですが、めっちゃリラックスできたんです。のぼせやすいのでいつもはカラスの行水タイプですが、ここでは2時間ぐらい入ってしまい、同行者に浴室で溺れているのではと心配される始末。お風呂の椅子を背が高い人用のハイチェアに替えてくれたりと、いちいち気が利いていてさすがのおもてなしでした。

 
 

夕食はお部屋出しで。いろいろ美しくて、もちろん美味しかったのですが、なかでもかつら剥きの大根2枚に銀杏の形など野菜などをはさんだ“奉書紙”の演出には感動。南京の器にも野菜彫刻がほどこされていました。あ、牛肉ももちろん美味しかったです♥ 人気の調味料、粒マスタード2種をお土産に購入することに。自宅で魚や肉を焼いた時にちょこっとのっけるだけでウマウマになるそうで。

朝食は茶寮・柴扉洞の個室で。洋食と和食を選べるのでバラバラにオーダーしてみました。品数いっぱいで朝から幸せ満喫。調度品、器、すべてがいちいち素敵すぎまして……。まとまりがなく乱雑な我が家のテーブルを想い出し、またしてもしばし反省。

次の目的地、大分でめぼしい骨董屋を検索し、訪問することに。そこのマダムが「山荘無量塔」の前オーナーと仲良しだったと聞き、不思議なご縁を感じつつ、古伊万里の皿と貝でできた菓子鉢を購入しました。

 

翌日はチェックアウト後、コンシェルジュにお願いしたロールケーキを受け取りに由布院メインストリートにある「B-speak」へ向かいます。このロールケーキ、宿にあるカフェで“プレーン”をいただいたのですが、本当に美味しくって何なのコレ……状態。ひと口食べた瞬間に「ああ、みんなにも食べてもらいたい」と思うほど感動しました。

当日製造、賞味期限は当日なので、九州に行かないと食べられないけれど、また行きたくなる美味しさ。チョコレート味もあったので3本購入。おしゃれな保冷バッグに入れてくれました。オープンしてすぐの10時すぎにて、すでに混み混みの店内ですが、ロールケーキ以外に日持ちするお菓子もあるのでオススメです。


さて、祈りと食欲が交差した九州横断旅。
開運したのかどうかは自分次第。
今年もあと2ヶ月、がんばって走り抜けたいと思っています。
※息切れ気味だけど・・・・