発田美穂の「欲しいものだらけで困る!」

2017.11.7

大人のソックスづかい
かなり慣れてきました!!

何よりもまず「慣れ」が必要なアイテムとして、過去にハットやスカーフについてご紹介してきました。今シーズン、またひとつ克服したアイテムがあります。それはソックス!!

これは以前もご紹介した、フィルメランジェのリブタイプ。ウール85%なので温かい! リブは特にサンダルとの相性がいいように思います。 ソックス¥3600/フィルメランジェ サンダル/プラダ

ソックス+パンプスを大人雑誌でも提案するようになって、2年くらい経つでしょうか? いくらみんながするようになったって、私には…やっぱり……ムリ!!と思っていました、ずっと。ところが今シーズン、突然、まったく抵抗がなくなったんですね。なぜ? ひとつ考えられるのが、このようにパンツ+ソックス+パンプス、というスタイリングから入って、ずいぶん慣れたことがきっかけかもしれません。

私はドゥロワーで購入したのですが、売り切れてしまった模様。色は微妙に違いますが、トゥモローランドのリンクを貼っておきます。 ソックス/ブルーフォレ パンプス/ピエール アルディ

なぜ私がパンツにソックスに慣れたのか、経緯を自己分析してみます。

冬にパンツを履くときもストッキングはイヤ。モソモソするからタイツインもしたくない。

当然ソックスが必要。

ソックスを履くと、もれなく靴はローファー、メンズ的レースアップ、スニーカーしか選べない。

これらはすべてフラットシューズだから、スタイルアップがのぞめない。

チビッコとしては、冬のパンツスタイルだってヒールで底上げしたい!(切実)

いよいよソックスにパンプスを合わせてみるか!!

やってみた! 意外と悪くないかもカモ。

という脳内の流れにより、今ではすっかり慣れたというわけです。(当然、ずいぶん前からしていたよ私、という顔をして履いています)

地厚なソックスがパンツからのぞき、足首あたりに冬らしいボリューム感が出るのが、意外と可愛いんですよね。

それから地味に気づいたこととして、タイツだとビミョーに足が痛くなっていた硬めのパンプスも、ソックス合わせだと痛くならず、がしがし歩けることが判明しました。ということで、闇に葬っていた靴の出番が増えるといううれしいオマケも!

もうひとつ、お気に入りのソックスブランドがこれ。

柔らかいモヘア素材で、これホントに温かい! フワフワとした遊び毛も可愛い。ソックス¥2000/カプリコーン モヘアソックス

足首上だけがリブになっているので、くしゅくしゅっとしたときに(私の場合かなり雑ですが…)、簡単にバランス良く決まります。

そして、すっかりソックス慣れした私が出した結論といたしましては、他の隙間アイテム同様、ソックスも大人は上等なものを買ったほうがいいみたいです。ソックスで2000円とか3000円とか、上手に履きこなせるか自信がなかったときには、やっぱり一瞬躊躇するプライスでした。でも、上質なものはガンガン洗濯してもいい感じの風合いをキープしてくれるし、リブの長さや締まり具合など、やはりきちんと考えられています。パッと履いただけでも、おしゃれ見え度が全然違う! 

それからソックスの場合、プライスの高さは、ほぼ素材の違い。つまりある程度のプライスのものはウールやモヘヤの混合率が高いものが多いので、かなり温かいのです。履いた瞬間から幸せな気持ちになれるんですから、ある意味ものすごく投資価値があるんじゃないかしらん。しかし、ウールやモヘヤが入っているということはすなわち、毛玉もできるということ。また毛玉を一心不乱に取る季節がやってきましたね、ニヤリ。