2
12/25 UP!

ミモレ世代のエイジングをひも解く。肌悩みはこうやって忍び寄る! by安倍佐和子[PR]

 

ミモレ世代の多くが感じているのは“肌の悩みはひとつではない”という事実です。もはや、悩み別のケアでは手遅れ?そんな危機感を抱いている方に朗報。あらゆる肌悩みを包括的にとらえ、全方位から積極的にアプローチするスキンケアがついに誕生します。
 

安倍 佐和子 ビューティエディター/美容ジャーナリスト 化粧品会社、出版社勤務を経て独立。美容誌『VOCE』をはじめ、数々の女性誌等で編集・執筆活動を続けるほか、広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。

ミモレ世代が抱える複雑な肌悩みは全方位から攻める時代へ
 

くすみやシミには美白ケアを、ざらつきには角質ケアを、乾きが気になったら保湿ケアを。そうやって、私たちはずっと、悩みが浮上するたびに、それぞれに対峙するお手入れを積み重ねてきました。若い頃はそれでもなんとかやり過ごせていたはずですが、ミモレ世代になってからはどうでしょう、肌に表れる悩みは日を追うごとに増え、より深くなっているのではないでしょうか。
睡眠不足の翌朝、主張しはじめるクマや毛穴、夕方になるとゆるみはじめるフェースライン、シーツの跡がなかなか消えない、目尻にファンデーションがたまるなど。悩みはシワひとつでも、たるみひとつでもなく、残念なことに、肌の上で複雑に絡み合っています。もちろん、だからといって悩みに優先順位をつけ、何かを諦めたりするのは嫌。
この現状に正面から向き合い、研究に着手。10年以上も、「システム バイオロジー」と呼ばれる先進科学と寄り添ってきたのがエスティ ローダーです。「システム バイオロジー」は、生物医学環境を一変させた、いまもっとも注目されている学問のひとつ。この新たな挑戦によって、エスティ ローダーは、肌に若々しさを印象づける25の経路を特定することに成功。先進の美容皮膚科学からヒントを得て、肌の表面、そして内側から包括的にケアすることで、シワやたるみなど、複雑な悩みすべてに積極的に働きかけるアプローチを完成させたのです。

「システム バイオロジー」とは?
 

複雑な生体の成り立ちを、進化したコンピューター技術によってシステム化。生命の成り立ちを包括的に理解しようというのが「システム バイオロジー」です。たとえば、複雑に絡み合う肌悩みの原因を、この理論を応用して研究。難題と言われる“たるみ”を包括的にとらえ直すことで、今までにないアプローチを実現。より確かな答えが期待できる時代へ、生物学産業を一変した学問と言われています。

  • 若い肌
    ハリと弾力のある引き締まった印象
  • エイジング肌
    ハリが失われ、シワやたるみが目立つ印象
  • 包括的リフティング肌
    弾むようなハリと引き締まった若々しい印象