こんにちは、編集部の片岡です。
先日、もうすぐ3歳になる子どもたちの七五三のお祝い(兼誕生日祝い)を家族、親戚一同揃って行いました。
午前中が雨で、午後が晴れ、という予報だったため、手配してしたヘアメイク、食事、カメラマンさんのスケジュール調整でてんやわんや。まるで撮影の段取りのようです(笑)。

私も着物を着ました。母が津和野で仕立てた菊の柄です。ヘアは表参道のエスパーさんにお願いしました。
子どもたちは人形町のらくやさんでレンタル。主張が出てきてケンカになりそうだったので、同じ色の着物に。らくやさんでは、私の結婚式で白無垢、黒引き振袖もお借りしました。写真の撮影は写真館ではなく、ドキュメンタリーっぽく自然な表情やシーンを残したいので、結婚式のときからお願いしているユニゾンの赤間さんに。

食事はマイシェフクイックというサービスを利用して、自宅で食べました。子どもが小さいので、家だと融通が利いて何かと便利です。今回、このサービスを利用するのは2回目。味もおいしく、サービスの方が割烹で作った食事を持ってきて、温めて、盛り付けて出してくれます。終わった後、お皿もすべて洗ってくれるので、本当に楽!

八寸は子持ち昆布、だし巻き卵、棒寿司など。
今回は、高齢者も多いので、和食をチョイス。一人4500円でした。全体的に薄味だったので、子どもも食べられました。
鯛ご飯も大人気であっという間に完食。希望をすれば赤だしもつきます。
吹き寄せ釜大根は大根が釜の形になっていて、見た目もかわいらしかったです。

 

バタバタでヘトヘトになりましたが、子どもたちの「楽しかった」という感想と、親せきの「いい思い出になりました、ありがとう」という言葉に、やりきった満足感でいっぱいに。次は7歳、どんなふうに成長していくのか、楽しみです。