2018.3.8

【シネマコレクション・13】
パーティなどでみんなで観るといいかも!?『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』

米倉涼子さんが、過去に観た映画を紹介する
アーカイブ コレクション。そのときに観た映画から、
米倉さんの生き方、価値観が垣間見えます。

Warner Bros. Pictures / Photofest / ゼータイメージ

ちょっとがっかりだったのが、『ハングオーバー!』シリーズ。大勢でお酒を飲みながら観ると楽しいとすすめられたので、我が家に友だちを呼んでごはんも作り、盛り上がる準備はOK! 状態で鑑賞スタート。

『消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』と続編の『史上最悪の二日酔い、国境を越える』を一気に観ましたが、みんなでドカーンと笑える場面はなくて、どちらもエンドロールに出てくる“証拠写真”が一番面白かったという結果に。期待しすぎたのかな? でもやっていることがハデになった分、続編のほうがまだ楽しかったですね。

そういえばベストを着てタバコをふかす猿もヘンでおかしかった! 猿を見てあんなに笑ったのははじめてかも。

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』
タイのリゾートで開かれたバチェラー・パーティの翌日に、男たちが目覚めたのは薄汚れたホテルの一室。ひどい二日酔いで記憶を失 った彼らは、花嫁の弟を探すはめになる! ラスベガスからタイへと舞台を移して製作された、全米大ヒットコメディ映画の続編。

取材・文/細谷美香
このページは、女性誌「FRaU」(2012年)に掲載された
「エンタメPR会社 オフィス・ヨネクラ」を加筆、修正したものです。

 

PROFILE

米倉涼子/1975年、神奈川県生まれ。ミュージカル『シカゴ』に主演、ブロードウエイで日本人女性としては初めて2度の舞台を踏む。代表作にドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズ(テレビ朝日系)など。