プティ・ミモレッタ バタやんの「読みごろFRaU」

2015.4.17

7月号のFRaUは「母と娘」がテーマ

5月号が発売になったばかりですが、フラウ編集部は今、次の次の号、6月12日発売の7月号を進行中です。7月号のテーマは「母と娘」。
表紙は誰になるのか、まだちょっと言えないのですが、「母と娘」というテーマを語るのにふさわしい「なるほどこの人か~」とミモレ読者の方にもご納得いただける方ではないかなと思います。

ミモレの編集部ブログでも紹介されていたマンガ『逢沢りく』も母と娘のカンケイがキーとなっていますし、思い返してみると、『ガラスの仮面』もマヤとお母さん、亜弓さんと母・姫川歌子のカンケイなども泣きどころですね。

私はこの号で「母と娘のカンケイ」がテーマとなっている映画・小説・マンガの作品紹介の企画を担当しています。ミモレをお読みの皆さんも、もし思いつく作品があればぜひ教えてください!!

私は今、選者の方からご推薦いただいた本を片っ端から読み、DVDを観る日々です

ここでひとつお知らせです! 現在、FRaUではこの特集の巻頭を飾る「私にとっての母とは」のコメントを募集しています。
ミモレをお読みのみなさんの中には、ご自身が母となり娘さんがいらっしゃる方も少なくないかもしれません。思春期の頃のような葛藤とはまた違い、大人同士、親同士になった今だから思うこと、言えることをぜひあなたの言葉でつづっていただけませんか。

応募フォーム、詳細はこちらから
(ご応募締切は4月22日です)

発売はまだまだ先ですが、ぜひお楽しみにです~!