4
1/22 UP!

ハリのある素肌だからこそ、メーク映えする顔になれる by長井かおり[PR]

 

「メークの悩みと肌の悩みは連動しています」と断言するのは人気ヘア&メークアップアーティストの長井かおりさん。ご自身のこれまでの経験から、スキンケアの大切さ、そして美容液の必要性について伺いました。

長井かおり 化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘア&メークアップアーティストに転身。雑誌、広告など幅広いジャンルで女優やモデルのヘアメークを手がける。「こんなことでよかったの!?96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる」が発売中。最新コスメや、テクニックなども発信しているブログ「おしゃべりメイクボックス」やインスタグラムもチェックを。Instagram:@kaorimake

メークが決まらない、そんな悩みはスキンケアの見直しを


「丁寧にメークしたはずなのに、顔がキマらない……」。そんなふうに感じるのは、素肌がたるんでいるのが一因かも? ヘア&メークアップアーティストの長井かおりさんは、「素肌の質によって、メークの仕上がりは大きく変わります」と、スキンケアの重要性を説きます。
「大人の女性のメーク悩みは、多くが肌の悩みとも連動しています。例えば、ファンデーションの乗りが悪いのは、肌の状態が安定していないから。シミの多くは、メークでカバーすることができるのですが、皮膚自体のたるみやシワは、メークではハイライトなど、視覚的に緩和させることしかできません。ピンとハリのある素肌なら、メークもより映えますよね。だから、私のメークレッスンでは、スキンケア法から教えています」
 そこで長井さんがメークレッスンで生徒さんに勧めているスキンケア法を、特別に教えてもらいました。
「まずはスキンケアで使用するアイテムを、これまでの1.5倍使うこと。またケアの際、顔の上で少しずつ広げるのでなく、手のひら全体に広げてからつけること。とくに美容液は、少量を少しずつつけたり、乾燥が心配になるほどしつこくゆっくり押し込んだりと、間違ったつけ方をしている人を多く見ますね。美容液こそ規定よりやや多めの量を、手や指をフルに使い、手早く肌に入れ込んでもらいたいですね。適した使い方をしてこそ、製品の効能も発揮されますから!」

1月3日に発売になったばかりのエスティ ローダー パーフェクショニスト プロ F+L セラム 30ml ¥11000、50ml ¥15500
なめらかなテクスチャーが、肌にやさしくなじみます。

シワ、たるみ、くすみなど、エイジングによる肌悩みを引き起こす要因はひとつではなく、さまざまな要素が絡んでいます。そういった悩みに包括的にアプローチする美容液として開発されたのが、エスティ ローダーのパーフェクショニスト プロ F+L セラム。通常のケアでは効果が出にくい頬やほうれい線、あごのラインのケアのために開発されました。塗った瞬間から感じる肌の変化には、長井さんも感動しきり。
 

おすすめの美肌ゾーン塗り

美容液を顔に塗り、小指を鼻のワキに当てます。
顔全体を引き上げるように、指をこめかみに向かって引き上げます。これを2~3回繰り返します。

「まさに40代からの世代が出会う、運命の美容液ですね。美容液は化粧水と乳液の2品の底力をアップさせてくれるもの。メーク前に使うことで、ツヤやハリ感が出ますし、仕上がりも全く違います。値段が張ってもぜひ投資していろいろ試して、自分に合ったものを見つけてもらいたいです」
公私ともに多忙な大人の女性の肌にこそ、効果をすぐに実感でき、リピートして使っていきたいと思える美容液が必要。あなただけの一本を、ぜひ探し当てて。

 

パーフェクショニスト プロ F+L セラムを使ってみて…
 

塗った瞬間、肌がキュッキュと引き締まり、つるんとした感触になってびっくり。使い続けるうちに肌表面がなめらかになったように感じ、引き締まって弾むようなハリのある肌印象になりました。短期間で肌に違いを感じられるのは、使い続けたくなるポイントですよね。また、美容液を手のひらに出したときに見えるキラキラとした輝きも、まるで光をまとうようで気持ちが上がります。


エスティ ローダー パーフェクショニスト プロ F+L セラム
オフィシャルサイトはこちら>>

提供/エスティ ローダー
tel. 03−5251−3386

文/木下千寿 撮影/横山翔平