2015.4.13

大好きなオトナの女性たち ー MADISON BLUE 中山まりこさん

 

「ん〜。オトナってやっぱりいいな〜」。

 

一緒に時間を過ごした後、ふとそんな気持ちにさせてくれるステキな女性が私の周りにいます。

 

本当に幸せなことに!

 

お目にかかると必ずうれしい気持ちにさせてくださる最近のスターといえば、中山まりこさん。

 

皆さまもよくご存知かと思います。まりこさんは、大草直子編集長もmi-molletでかつて取材されていたブランド「MADISON BLUE」のデザイナーであり、スタイリストとしても大活躍中な方です。

 

まりこさんに初めてお会いしたのは、友人の紹介で訪れたMADISON BLUEの2015SSの展示会で。

 

MADISON BLUEのお洋服に初めて袖を通した時のワクワクする気持ち・・・本当に忘れられません。

 

オトナの女性のためのカジュアルスタイル。オトナだから楽しめるカジュアルスタイル。

 

MADISON BLUEはまりこさんの"これまで"がきっと形になって生まれたブランドなのだろうな・・・。本音が散りばめられているから、素直に頷けるというのか。

 

古着を楽しんでいた人だからこその雰囲気、服を考えてきた人だからこその素材選び、デザイン。そして、オシャレを楽しんできたまりこさんだからこそのオシャレになれるエッセンスの散りばめ方。

 

「まりこさんのお洋服があれば、年を重ねるのが楽しみになります!」そうお伝えしたことを憶えています。

 

興奮しすぎて、お話ししすぎて、チビの保育園のお迎え時間に間に合わなくなりそうと、結局ダッシュで帰宅。もっとチェックしてくればよかった〜と帰りの車の中で後悔したことも忘れられません。。。

 

 

先日、その時の展示会でチェックした服をピックアップしにMADISON BLUEのショップに行ってきました。その他に狙っていたアイテムもあってよしよしと思っていたところに、打ち合わせ後のまりこさんが登場!

打ち合わせの日の何気ないJKT & ジーンズスタイル。マチュアな女性だからこその余裕が漂っていて・・・カッコよすぎです!

 

で、またノンストップ立ち話。気づけば子どもたちを取り巻く教育論にまで至っていたのにはさすがに大笑い。ディープ過ぎるから!

 

わたしの好きなオトナの女性って、その独特の雰囲気が説明しきれないからステキなのかもしれない。

 

でも、きっと共通しているのは、礎があって、その上に経験が積み上げられている人。"これまで"が分厚いから、その言葉が生き物のように伝わって来る。

 

そして、ある領域において、無意識にプロとして動ける人。いくつになってもどこか自由さがあって、どこかチャーミングな女性。・・・かな。

 

何か特別なキャリアがあることがオトナの女性の条件なのではなく、これまで生きてきた過程が何かに向かっていて繋がっている。そして、それを惜しげなく人のために差し出せる、そういう愛情を感じさせられることも含まれているのかな、とも思います。

 

先日AWの展示会に行ってきました。

会場はまるでセール会場のような混みぐあい!みんなの熱気でムンムンでした。オシャレへの感度の高い女性たちの心をもわしづかみにしてしまうMADSION BLUEなのです。

・・・そんな白熱の展示会、とても写メできる余裕ナシ、でした。。。素敵すぎて熱出ちゃいます。

 

もう立派な大人な年齢の自分で言うのも変ですが、それでもなお憧れる"オトナな"女性たち。

私の周りの、そんな憧れのオトナの女性、またぜひご紹介します!

Good day!!

 

おまけですが・・・。

わたしがピックアップしたSSのお気に入りアイテムの1つはこちら。

 
大きめシルエットの大人顔ポロシャツ。子どもとのおでかけにも、シャツよりも良さそうとチェックしてみました。わかりにくいかもしれませんが、肘上までの袖丈も元気すぎない感じで気に入っています。胸の開きも綺麗で、アクセサリーと合わせられる万能アイテム。古着のデニムやショートパンツと合わせたい!