2017.12.12

マヨネーズ、作り始めました

こんにちは、片岡です。
子どもの離乳食が終わって2歳も過ぎた頃、そろそろ味付けの幅を広げてあげたいな、と思ったときに、作り始めたのがマヨネーズです。
私自身、ずっとキューピーのマヨネーズで育ってきたので、マヨネーズまで作るなんて、ちょっとストイック過ぎるかな、とか、作るのが難しそうだな、と思っていたのですが、おいしく簡単なレシピに出会ったのがきっかけ。

材料を入れてそのままブレンダーにかけられる、口の広い保存容器をずっと探していたのですが、最近、やっと見つけました!

豆乳、なたね油、酢、粒マスタード、塩をハンドブレンダーで撹拌しただけの豆乳マヨネーズ。
基本のレシピはオーガニックコットンブランドRubanの代表、西澤公美さんに習いました。西澤さんは自然の中で生まれた食材に強いこだわりをお持ちで、ビーガンのお料理教室なども主宰されています。
マヨネーズはフワッと軽い口当たりで、市販のものよりさっぱりした味わい。でもちゃんとおいしいんです。いくら安全、安心でも、おいしくないものは続きませんよね。

油がメインなので質にこだわって、西澤さんおすすめのアムリターラのなたね油を使用。アムリターラは、他の調味料も使っています。お子さんがいらっしゃる方には本当におすすめです。

マヨネーズ、今のところ蒸し野菜に添えるのが一番おいしい食べ方かな、と思います。