2017 Dec. 8

食欲が止まらないんです!
自宅でできるケアTIPS

すみません。ファッションとも美容とも、キャリアとも関係ないつぶやきです。

冬になってから、というかここ1カ月くらい、食欲が止まらないのです。会食はもともと多いのですが、年末近くなると、本当にたくさん。さらに、久しぶりに海外から帰ってきている友人に会ったり、米沢牛に代表される美味しいものの宝庫、米沢を訪れたりで、もう幸せで大変(笑)。

実は、夏前、胃腸の調子がずっと悪く→検査もしましたが、問題なし 、2.5キロくらい痩せました。婦人が痩せると、頬が落ちたり、首に深い影が入ったり。もともと、肋骨が浮くタイプなので、もうデコルテを出す服は着れないなあ、なんて、寂しく思っていましたが。

真夏、秋を経て、私の頑丈な胃腸は元気を取り戻したようです♡わあい!

何を食べても美味しいし、滅多にいかないデザートにも心奪われる。

はい。痩せていた時に買ったノーストレッチのデニムはもうはいりません。

痩せたいわけではなかったので、それはそれで良いのですが、このまま冬眠前の動物のように、全ての栄養をためたまま、冬中眠ってしまったらどうしよう、と自宅でできることは必ずやるようにしています。とても簡単で、お金もあまりかからないので、私のように有り余る食欲が気になっている方は是非♡

1 お腹が空いていないときは食べない
簡単なことですが、なかなかできない。あ、12時だ。ランチを食べなきゃ。ではなく、お腹が空いていないときは食べない!私は、食事と食事の間に小腹が空いたら、小さなおむすびを食べます。

2 パスタとパンは食べない
あくまで私の場合ですが、小麦粉太るみたい(笑) パンはすぐにお腹が空いてイライラするから、もともと食べないのですが、パスタは大好き。21時に帰って、色々と作るの面倒だな、と思うときはついパスタになっていましたが、イタリアンの会食以外はやめるように。こんなときは、ブロッコリーやカリフラワーなど、食べ応えのある野菜か、湯豆腐に。

3 身体を冷やさない
身体が冷えると、人間は本能的に生命の危険を感じ、食べたもののカロリーをできるだけためこむようにできています。なので、身体は絶対に冷やさない。寒がりなのに厚着は好きではないので、今は下着→ベアトップのボディコンワンピのようになる腹巻きとか、靴用カイロを愛用中です。

4 お風呂はゆっくり、電気を消して
温かい湯船に浸かることは、身体を温めるだけでなく、交感神経と副交感神経のスイッチを入れ替えること。電気を消してキャンドルが理想ですが、準備が難しい場合は、浴室の電気は消して、脱衣所の電気はつけて入浴。イライラが消え、気持ちが穏やかになり、余計な食欲が減ります。

5 オイルマッサージ、「裏」を重点的に
冬はどうしたって、脂肪をためこみやすくなるので、自分ではなかなか見えない部分を重点的にケアをします。例えば二の腕の裏、太ももの裏、ヒップ下など。身体の裏を丁寧に。手だと自分に甘くなるので、ヴェレダのマッサージブラシを使います。

6 食べ過ぎた週の週末は鍋♡
スープや薬味、つけダレを変えれば、全く違う料理になるので、とにかく食べ過ぎた週の自宅ごはんは鍋! 葉野菜も、そのとき買いやすい価格のものにすれば、お財布にも優しい♡ 鍋の具でおすすめなのが、切り干し大根を水で戻したもの。お腹にたまります。あと、つけダレにはとろろを。そんなに食べなくても、お腹も身体も満足します。シメはラーメンではなく、おじや!

7 冬こそ朝のラジオ体操
実は、2カ月くらい続けてます(笑)♡ 朝起きたら、YouTubeのラジオ体操第一を(笑)身体がシャキッと目覚めるのと、寒さで固まった身体がぽかぽかほぐれます!

と、簡単な7つのTIPSでした!

大草 直子

  • 自宅撮影の際、ハンバーガー屋さんにランチへ。ライターの金光さん♡モードな美女が、ジャンボサイズのコーラを(笑)
  • 写真チェックをする末っ子、マヤ。この企画も、またお知らせしますね!