ワードローブの中心が「カジュアル」であることに違和感のない現在、デニムは定番中の定番になりました。

問題は40も過ぎると一番気になるのは「お肉 オン・ザ・デニム」。

デニムの上に乗ってしまう脇腹に心が折れそうな気分になります。そうならないように・・・といくら思えど、よほど頑張らない限り地球の引力と加齢には勝てません。

そしてダメージの入りすぎたジーンズもちょっと自分にはついていけないアイテムの一つになりました。

大人が美しく履きこなせるデニムってどういうものだろう・・・と思っていた矢先に出会った、”MINEDENIM(マインデニム)

スタイリストの野口強さんがディレクションを務めるデニムブランドです。

 
シンプルで美しいショップは、ブランドのアイデンティティーそのもの。MINDENIM FLAGSHIP STORE  TEL :03-6721-0757

これまでもいろんな雑誌でデニムの着こなしを提案し、デニムへの思いや審美眼は絶大な信頼を寄せるファンも多く、有名セレクトショップでも取り扱われ、ご存知の方も多いかもしれません。

デニムの生産地として名高い岡山で独自に工場を持ち、培われた技術を持った職人さんによって作られてデニムは、徹底してクオリティーにこだわり、無駄なディテールも省かれ整然として美しく、大人の女性にこそふさわしいデニムです。

無駄なデザインを一切排除したデニムは、リベットもシンプル。目で見にくいものですが、リベットにはMINDENIMの刻印が。隅々までこだわりと職人の技術にこだわったデニムです。 

一番のオススメは定番のインディゴ色の細身ストレート。ハイウエストなのでローウエストのように腰周りを気にしなくても良いのと、美脚に見せてくれるのも嬉しい。インディゴは、カジュアルはもちろん、ジャケットなどキレイ目な着こなしにも重宝します。

ハイウエスト ストレート(インディゴ)。デニム ¥35,000(税別)

艶やかなブラックは、センシュアルなムード漂うオトナデニム。フォーマルなシチュエーションにも使えそうな一本。こちらも定番。

ローウエスト スキニー(ブラック)。デニム ¥28,000(税別)

どちらもシンプルに、潔くヒールで履きたいジーンズです。

 

その他にも、お店には魅力あるアイテムがたくさん!

私も愛用中、サイドスリットが印象的なロングワンピース。ウエストをマークしても素敵。ワンピース ¥40,000(税別)
デニムとセットアップでも美しい、ボータイブラウス。ボディはワンピースと同じ薄手のデニム素材に、袖がシフォン。フォーマルにもフィットしそう。¥32,000
上品な印象のツイードコート。¥88,000(税別) 

デニムの可能性を最大に引き出すMINEDNIMの世界。大人の女性にぜひおすすめしたいコレクションです。