皆さま、おはようございます。

メルボルン、真夏というのに肌寒い朝を迎えました。とうとう大晦日ですね。大掃除は終了、後はゆっくり紅白歌合戦でも見て、年越し蕎麦を食べたりして。。。。という方、本当に羨ましい!もう6年も紅白歌合戦を見ていない私。この目で安室ちゃんを見ておきたいな、どんな衣装を着るのかな、と思っているしだいです。

お天気が良ければビーチで大晦日もありですが、今年は寒くて無理そうです(涙)。これはこないだ行ったTorquey(トーキー)の先にあるPoint Addis Beach(ポイント・アディス・ビーチ)の写真です。

オーストラリアの大晦日は粛々とした雰囲気は一切なく、とにかくパーティ!パーティ!飲んで騒いでさらっと終わります。クリスマスは家族で過ごしますが、大晦日や元旦はお友達と過ごす人が多いようです。

シドニーはシドニー・ハーバーで花火の打ち上げがあり、10万発の花火とともにカウントダウンするイベントが有名ですね。すごい人出ですが、一度は見ておきたいイベントです。メルボルンでは無料コンサートや花火を上げて新年を祝うイベントが市内で開かれます。

お天気が良ければビーチでパーティしたり、のんびりする人も。ただし、ビーチでアルコールの飲酒は禁止されています。その一方で、オーストラリアは約ワイン・グラス一杯までの飲酒運転が法律でOKという国です。日本人からすると矛盾というか、不思議というか。(血中アルコール度数で計るので、グラス一杯はだいたいの目安です)

さて、我が家は夕方から友人宅でBBQパーティ。ちなみに、オージーはBBQのことをさらに約して「バービー」と言うんですよ、どこまで省略するのかと、ツッコミたくなりますね。

このビーチは知る人ぞ知るビーチらしく、来ているのは地元の人がほとんどでした。

メルボルン生活について伝えられたらいいなと、始まったブログもあっというまに2か月が経ちました。ご愛読いただいた皆さま、コメントをいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

来年も「メルボルンのこと」をたくさんお伝えできればいいなと思っています。「昭和の女」のよもやま話にお付き合いいただければ嬉しいです。(笑)

2018年も皆さまにとって素晴らしい年でありますように。

どうぞ良いお年をお迎えください。

大木和香