お正月も終わり、この連休にパントリーと食器の片づけをしました。え?大掃除終わったのに今頃片づけ?と思う方もいらっしゃるかしら。
よく片づけと掃除を混同しがちなのですが、片づけと掃除は全くの別物です。これを混同してしまうと大掃除が非常に大変なことになります。ハイ、経験者です。(笑)

 

我が家のパントリーは扉を閉めると中が見えないので、オープン収納と違って中が多少雑多でも大丈夫。取っ手にかけたバッグにはエプロンを入れてます。

今回の片づけでは主に収納の配置換えをしました。ライフスタイルが変われば収納も伴って変わります。いや、変えるべきなのです。
変えなければ使いにくいまま。使いにくいのでしまわずにそのまま出しっぱなしにしたり、ちょい置きなどして乱れてきます。
乱れるとさらに使いづらく、準備に時間がかかったり、お目当てのものが見つからず、また買う羽目になったり。
私は昔、皮むき器がよく行方不明になって買っていました(涙)

収納を考えるうえで1番大事なのは、今の自分と家族の暮らし。
例えば我が家の場合、昔はおかずを大皿から取り分けていましたが、子供がどれだけ食べているのか分からないので今は最初から銘々の小皿に取り分けて1人分をトレーに載せているので小皿がサッと取り出せるように流しの後ろの引き出しのゴールデンゾーンへ収めています。

 

そして毎日使わないものはパントリーへ。重い鍋も調理台下から取り出すのは重くて腰を痛めるので腰丈の高さの場所へ収めています。

 

新たに注文したストウブのお鍋が収められる場所も確保しました。
さらに今回はお正月でたくさんいただいたお年賀のお菓子を食べ忘れないようにベストポジションへ持ってきました。
カステラの存在感がすごい(笑)

よく使っていたものもライフスタイルの変化でまた使わなくなることもあります。例えばお弁当作りをしなくなったのにお弁当グッズがゴールデンゾーンで幅をきかせていたり。今の自分と家族の暮らしを考えて、必要なものは何か?何を最優先させるのか?を考えて使いやすい場所によく使うものを。時々見直すことが暮らしやすさのポイントです。

そして、買い足すときは必ずどこに収めるのかを考えることも忘れずに!

 

 

 

まだまだ元気なお正月のお花。こちらは行きつけのお花屋さんにて購入したアレンジメント。春はたくさんのお花が出てくるのが今から楽しみ!