2018.1.18

ベストシーズン到来!
全豪オープンテニスが始まりました。

皆さま、こんにちは。

いよいよ、メルボルンのベスト・シーズンが到来、テニスの4大国際大会のひとつ「全豪オープン」が15日から開幕しました! 今日、明日は気温が40度近くまで上がり、プレーヤーには厳しい試合条件になりそうです。世界中から続々と観光客がメルボルンに集まって、街はテニス一色。毎年、家族で行きますが、先日、小2の息子と早々に観戦に行きました。

忘れもしない4年前の大会では連日気温が41度越え!という年もありましたが、開幕日はちょうど良いお天気でした。

この全豪オープン、何がすごいかというと、

―子連れ大歓迎

―選手との距離が近い

他の3大大会よりもずっと、ずっと敷居が低く、子連れ、家族も大歓迎。キッズゾーンもあり、試合の合間に子どもは思いっきり遊べます。子供も向けイベントもたくさんあって、選手のサイン会なども。

キッズゾーンにあるロック・クライミングの建物。この他、空中を飛ぶ遊具、バトルゲーム、サーフィンの乗り物、などなど、とても充実しています。
アリーナに入れなかった人も、外の巨大スクリーンでワインなどを飲みながら、ワイワイ観戦。

さらに、アリーナでの観戦中にビールやシャンパン、ピザなんかもモリモリ食べながら、皆さん観戦しています。あの厳格な「ウインブルドン選手権」をご存知の方であれば拍子抜けするぐらい、全てがカジュアル。着て行く洋服に頭を悩ますことなく、思いっきりTシャツ、短パン、足元はビーサンで。

テニスコートは「ロッド・レーバー・アリーナ」「マーガレット・コート・アリーナ」「ハイセンス・アリーナ」の大人数を収容するコート以外に、練習用を含めると約30のコートがあります。ロッド・レーバーとマーガレット・コート以外の試合と練習は全て、「グランドパス」という1日券(大人$54)で観戦可能。

しかも、奥様、子どものグランドパスはたったの「5ドル」です!!!(テレビショッピング風に)

こちらはカナダのミロシュ・ラオニッチの練習風景。誰でも、フェンスの外から見学できます。ジョコビッチ同様、スラブ系だけあって、背が高く196センチだそうです。

「5ドルでグランドスラム・・・」。

私はこんな子供時代を過ごしてみたかったと、毎年思います!小さい時から世界トップ・プレーヤ―の試合や練習が見れるなんて、ラッキーですよね。(各選手の練習スケジュールは毎朝、HPで発表されます。)

今年はナダル、フェデラー、怪我から復帰したジョコビッチ、超イケメン若手のズべレフの戦いぶりに注目が集まっていますが、残念ながら錦織選手が不参加のため、日本人の観光客は少ない印象でした。

王者ロジャー・フェデラーの練習を見るのが、この日の目的。彼の美しいプレーを一目見ようと、黒山の人だかり。
な、な、なんと、ナダルが隣のコートで練習という、ファンサービスたっぷりの全豪オープン。どちらの練習も見たくて、ウロウロしてしまいました。

今年は誰が優勝するのか、決勝の1月28日(日)まで目が離せません。(ちなみにロッド・レーバーで行われる男子シングルス決勝戦のチケットは一番安い席でも$332からで、すでに完売です!)

ついつい熱が入り、今回は長編ブログになってしまいました。

それでは皆さま、Have a good day!