2018.1.31

宝飾史に名を残すマスターピースを現代に
落とし込んだミキモトの新コレクション[PR]

ミキモトの創業者・御木本幸吉が1893(明治26)年に世界で初めて真珠の養殖に成功してから今年で125周年。その大切な節目を記念した新作コレクション「YAGURUMA」が発売されました。

 

新作の前にまずご紹介しておきたいのが、1937年のパリ万博に出品され喝采を浴びたミキモトを代表する名作、帯留「矢車」。アールデコ様式を取り入れた美しい細工、見た目だけに止まらない多様な機能性を兼ね備え、日本の宝飾の歴史にも刻まれるマスターピースのジュエリーです。

 

「矢車」は長い間行方不明となっていたものの、1989年に海外のオークションに出品されたものをミキモトが落札。約半世紀ぶりに里帰りを果たしたという名実ともに“幻の宝飾品”とされてきた一品。大ぶりのアコヤ真珠を中心にダイアモンド、サファイアが放射状に広がるデザインは今見ても印象的です。

分解することで、帯留をはじめイヤリングやブローチなど12通りものジュエリーに使い分けが出来るという、当時としては独創的、機能的なデザインにも目を見張るものが。
※2018年2月4日まで、ミキモト銀座4丁目本店1階でこちらの「矢車」を展示中。幻とまで言われた逸品を見ることができる貴重な機会をぜひお見逃しなく!


今回の新しいコレクションはそんな「矢車」の機能性やハイジュエリーの様式は踏襲しつつ現代の視点で新たにデザイン。さらに美しさを増して蘇った「YAGURUMA」のうっとりするコレクションの数々をご覧ください。

ベルト:アコヤ真珠、ダイアモンド、白蝶貝、クオーツ WGK18製 ¥22000000(発売中)
ブレスレット:アコヤ真珠、ダイアモンド、白蝶貝、クオーツ WGK18製 ¥12000000(発売中)
ペンダント:(左)アコヤ真珠、ダイアモンド、七宝 WGK18製 ¥640000 (右)アコヤ真珠、ダイアモンド、七宝 YGK18製 ¥610000(発売中)
ネックレス:アコヤ真珠、ダイアモンド、白蝶貝、クオーツ WGK18製 ¥16000000(3月1日発売)
ネックレス:白蝶真珠、黒蝶真珠、アコヤ真珠、ダイアモンド WGK18製 ¥15000000 ピアス:アコヤ真珠、ダイアモンド WGK18製 ¥5000000(3月1日発売)
ネックレス:コンクパール、アコヤ真珠、サファイア、ダイアモンド WGK18製 ¥23000000 ピアス:コンクパール、アコヤ真珠、サファイア、ダイアモンド WGK18製¥3600000 ブレスレット:コンクパール、アコヤ真珠、サファイア、ダイアモンド WGK18製 ¥8400000(3月1日発売)


いかがでしたか? オリジナルの「矢車」が辿ったドラマティックな歴史にも思いを馳せながら、新しい「YAGURUMA」をじっくりとご堪能下さいね。

※本ページに掲載している価格はすべて税別になります。

問い合わせ先/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター
tel. 0120-868254

取材・文/辻本公子