2018.1.30

チャーチのシューズ
次はブラウンが欲しい!

数年来、チャーチの靴を愛用していますが、持っているものはすべて黒なのです。と、そんなとき、美しいアメ色ブラウンのチャーチをはいている人を見かけ、物欲がムクムクムクーっと!

ツヤがきれい! ¥63000/チャーチ

まだまだ寒い今の時季は、黒のショートブーツを愛用しています。こんな風にモノトーンのスタイリングの日に、レザーの光沢とスタッズがポイントになってくれるし、ブラックのスキニーデニムとの相性は間違いなし!

小さな差のようですが、ローカットの普通のレースアップシューズとショートブーツでは、足首の温かさが違います。もはやセンチレベルの防寒対策!! ブーツ/チャーチ ニット/ブラミンク パンツ/ユニクロ バッグ/セリーヌ

でも、春になったらブラウンのチャーチが欲しいなあ! ブラウンのチャーチを手に入れたら・・・(妄想始まりまーす)。春には白のコットンのマキシスカートに合わせたり、ロウデニムに合わせて男の子みたいにはいたり。

もちろんまだまだ寒い冬なら、チャコールやネイビー、カーキのタイツと色合わせを楽しむのも良さそう!!

なぜこんなにチャーチ熱が高まっているかというと! 考えれば考えるほど、私はフラットシューズしか履いていないということに気づいてしまったのです。一目惚れしてパンプスを買ったりしてるけど、思えばロクに履いてなくね? てか、1度もはいてない靴すらあるんじゃね?と。

そしてフラットシューズのなかでも、自分の足に合い、履きやすく、歩きやすい靴ばっかり履いてるよね?と。

ということは、もはやそのヘビロテしている靴を色違いやマイナーデザイン違いで揃えるくらいでもいいのかもしれない!ナイス気づき!目からウロコ!!

私たち雑誌世代は、若い頃からのすり込み(あ、またまた言っちゃった!)で、靴も服もバリエーションを揃えなくてはいけないという強迫観念がありますが、むしろ好きなもののバリエーションを持っていたほうが確実に活躍するような。

そりゃあもちろん、楽しい楽しい衝動買いはやめられません(キッパリ)。でも「バリエーションを揃えなさいー」という呪縛から解き放たれて、好きなものを追求していくのも、婦人には必要なことなのかもしれません。