先日、お誕生日のお友達のお宅にお招きいただき…なんとまさかのご本人のお手料理の数々を美味しくいただきました(笑)本当に彼女はお料理が上手で、いつもいつも勉強になります。。

手前の細いプリッツのようなスティックは「稲庭うどんの素揚げ」!
りんごと焼豚のパイ♡美味しくって止まらない〜〜

年齢も職業も異なるお友達がこうして集まることができて、お誕生のお祝いができて、ずっと笑って過ごせる。このご縁を大事にしたいなと思っています♡

 
 
 
 
こっそりバースディケーキの準備(笑)

ご縁と言えば、これも不思議なのですが…まったく違う方面から伺ったことが実は同じだったということがありました。
「忘れない」
亡き人へ綴る愛の手紙〜宝塚OG毎日希望奨学金チャリティーコンサート

 

東日本大震災からもう7年も経つのですね。あの年の1月に父が他界し、いろいろなことが済んでようやく春の気配が感じられるかしら…という時の大地震だったということを思い出します。わたしは自宅にいました。ひどい頭痛でふらふらして、ちょうどお薬をのもうとしていた時でした。当時は都内のマンションの10階に住んでおり、手に持ったコップのお水がこぼれてしまうほどの揺れでした。ガスが止まりマンションのエレベーターも動かない。父の法事で出かけなければいけないのに、車を出すことができない。テレビではすっかり姿を変えてしまった東北の街の様子が映し出されていました。自分が何をすれば良いのかもわからずに…気がつけば7年の時が過ぎていました。

今回、このチャリティーコンサートを知り、ほんの少しでも関わらせていただきたいと思いこちらでご紹介させていただきます。お友達の月影瞳さん、いつもお力添えいただいている新聞社さん、そしてお正月からお世話になったBunkamuraさん!亡き父の「なにか手伝えることがあればやりなさい」という声が聞こえるようです。
7年前の自分とこれまでの時の流れを振り返る機会をいただけました。少しだけ立ち止まって、丁寧に向かい合いたいと思っています。

近々またね!と約束しました♪