2018.2.1

ガレット・デ・ロワ祭り!なホームパーティ

今見ても、食べたくなる…♡

1月はガレット・デ・ロワの季節! 

一応、今年の公現祭は1月6日でしたが、1月いっぱいはどこのパン屋さんでもモリモリと積まれている感じです。

最近では日本でも、人気なんですよね?

私が日本にいた時はまだそんなでもなかったような気がするのですが、なので私が初めてガレット・デ・ロワを食べたのもパリに来てからでした。

でもそれ以来、すっかり大好物

甘いアーモンドのフィリングとパイのサクサクさの絶妙な組み合わせ……あー、考えるだけでまた食べたくなります〜。

そして先日は、そんな大好きなガレット・デ・ロワをモリモリ食べられる機会があったのです!

友人がガレット・デ・ロワを食べ比べるパーティに参加した写真をインスタグラムであげていて、「いいなー」とコメントを書いたところ「今日の夜今度はうちで食べ比べ会をするので、来ませんか?」とメッセージが。

そんな素敵なお誘い、当日でももちろん行きますっ!

総勢15人が集まっての会だったので、持ち寄られたガレット・デ・ロワも壮観!

この後もまだ続々と到着して、ケーキも10個以上はありました♪

こうやって比べてみると、同じガレット・デ・ロワと言っても全然味が違うことにびっくり。ナッツがいっぱい入って濃厚なものだったり、フィリングがしっとりのもの、ふわっと軽いもの……。

ちなみに私が一番美味しいと思ったのは、Yann Couvreurのでした。

でも去年はセバスチャン・ゴダールがすごい美味しい!と思ったし、来年はまた違うものが「いい!」となるのかも。

ケーキだけだとやはり厳しいので、途中からは唐揚げやお鍋で、普通のホームパーティでした(笑)