海外セレブウォッチャーさかいもゆるの「セレブ胸キュン通信」

2015.4.20

世界で最も稼ぐモデル、ジゼルが引退! 最後のランウェイへ

スーパーモデルのジゼルが、34歳にしてモデル引退を表明! 彼女の故郷、ブラジルのサンパウロで行なわれたファッションショーで、最後のランウェイを飾りました。夫のトムも観客席に訪れていた会場は涙と拍手の渦に包まれ、ジゼルは20年間のモデル生活に幕を閉じたのです。20年前、14歳のときに初めてランウェイデビューを果たしたのも、サンパウロコレクションだったとか。

最後のランウェイは、ブラジルブランド、コルチのショー。

引退理由は、夫のトム・ブラディとふたりの子供たちと過ごす時間を増やしたいから、とのこと。そして「私の身体が、もうモデルは続けられないと言っているの」、と。ただしモデル業から完全に引退するわけではなくて、広告などの仕事はこれからも続けるみたいです。

ジゼルは褐色の肌とヘルシーな肉体美が生み出すダイナミックなポージングで、90年代のスーパーモデルブーム以降、モード界に鮮烈な印象を与えたトップモデル。しなやかなボディで、長年ヴィクトリアシークレットモデルの中でも断トツの存在感を放っていました。経済誌Forbes誌が毎年発表する「世界で最も稼ぐモデル」ランキングでも、8年連続1位の座をキープ。去年は約56億円の収入があったとか。今後はアパレルビジネスなどでビジネスウーマンとしての活動を予定しているそう。

イケメン夫のトムも観客席で妻のファイナルステージを鑑賞。この夫婦は、「世界で最も稼いでるセレブカップル」にも選ばれたパワーカップル。美男美女の上に数十億の年収って、うらやましすぎて鼻血が出そうですね。

日本で言うと、売れっ子雑誌モデルが結婚して、ママタレントとして別ジャンルに転身する、みたいな感じでしょうか。でもまあ、20年間も第一線で仕事して、旦那さんもスーパーアスリート(アメリカン・フットボールの選手)だし、これ以上ガツガツ仕事しなくても一生暮らして行ける貯蓄がありそう。

そう考えると、40過ぎても現役で仕事しているケイト・モスってすごい! カーラ・デレヴィーニュみたいな若いitモデルが続々出てくる中、モデル業界も世代交代、ってことなんでしょうか(しみじみ)。