先日の山梨勝沼のワイナリーで心躍る出会いがありました!

それは、MGV'sワイナリー

MGV's マグヴィスと読むそうです!

 

 

勝沼で古くから栽培されている、日本のワインを代表する葡萄品種"甲州"

甲州とマスカットベリーAに特化してワインを造る新進気鋭のワイナリーです!

私も元々は甲州が好きで飲んでいましたが、カジュアルな和食店のワインリストを作成した際、和食に合わせたい為には、絶対に入れようと決めていた品種でした。

その時にはまだこのワイナリーは無く、オープンしてからまだ1年も経っていないそう。

センス、味わい、なぞなぞの様な記号のラベルも含めて、遊び心もあるお気に入りの場所になりました。

溌剌としたミネラルを感じさせる味わいの甲州に出会いました

 

なぞなぞラベルは、こんな風に読解する様です。

アルファベットは葡萄品種

3桁の数字が表すものは、葡萄の収穫場所、仕込みと原料の処理法、そして製造方法。

 

K1はシンプルな、甲州+勝沼地区限定の葡萄のみで造られたと読み取るそうです。

 

施設内のステンレスタンクには、White Queenという表示が。そして時折テイスティングが行われるテーブルの端に、チェスが飾られていました。ニクい演出です。

 

 

まだワイナリーを包む風景も冬の色でしたが、季節ごとに変わる彩りを愉しみに、また訪れたい場所が加わりました。

 

 

おみやげには、ワインと共にTシャツを買いました。デザインとメッセージが好き!

 

MGV's Winery

 

https://mgvs.jp/