2018.3.6

チノパンツ 次は“きれいめ”狙いで!

温かい日が少しずつ増えてきましたよー。いよいよっ! いよいよなのねっ!! 

これはつい先日のワタクシ。温かくなってきたことがうれしくて、いきなり薄着で出かけた中年婦人。いくら気分が浮かれても、気温にふさわしい服装をしましょう、という教訓。

夜の冷え込みに震える、の巻。ライダースジャケット/アストラット ニット/スローン チノパンツ/ヤエカ バッグ/J&Mデヴィッドソン スニーカー/アディダス

そう! 温かくなると着たくなる、チノパンツでございます。このところのワイドシルエット流行りから、このヤエカのチノをしばらく愛用しています。ほどよいハイウエストで、このライダースのようにコンパクトなトップスと好相性。ノータックなので、かなりボーイッシュな雰囲気です。

しかし、常に変化を求めてしまう私。ワイドチノのカジュアルなスタイリングはだいぶ満喫したから、次は同じチノでも少しきれいめの、センタープレス入りとか、テーパードシルエットとか、もう少しカリッとした素材感とか・・・なんていうかぁ~、もうちょっと違う感じのぉ~、気分が変わるもの~、ありませんかぁ??

気になっているのはこのあたり!

あんまり変わらないのでは?とは言わせませんよ!! ちょっとの違いが大きな違い。新しいおしゃれが広がる気がするの!

そう、この“ちょっとの違い”。先日も撮影中にスタイリストさんと盛り上がりました。チノパンツもそうですが、他にもTシャツやVネックニット、ボタンダウンシャツなど、カジュアルでベーシックなアイテムほど、ちょっとの違いが大違い。その違いで女らしく見えたりマニッシュになったり、きちんと感が出たりカジュアルになったり。それからもっとパーソナルな視点でいけば、似合うor似合わない、痩せて見えるor太って見える、老けるorフレッシュに見える、などなど書いているだけでも恐ろしい違いへとつながっていくのです。“運命の分かれ道”的な!

あー、ファッションって奥が深いわ。とかなんとか、頭ではいろいろ考えておりますが、結局いつも直感でショッピングしている私です(台無し)。