皆さま、鞄の持ち手にスカーフって巻かれますか?
私はワンハンドルの持ち手にはよく巻きます。
いつも持つところなので、擦れてボロボロになるのを軽減できるのと、巻いたスカーフの色で印象が変わるのが好きなのです。

昔使っていたけど最近ご無沙汰とか、好きで買ったのに顔周りに使うのはやっぱり抵抗が…なんてものがクローゼットに眠っている方はぜひ探してみてください。

スカーフはあまり大きくない方が巻きやすいです。正方形なら50センチ前後ぐらい。

こちらは頂き物のエトロのスカーフ。

 

ZARAで仕事用にと今期に調達した鞄。
バレクストラみたいなカチッとしたフォルムと大きさが使いやすくて普段にも大活躍。
肩紐も付いていて、ショルダーにもできるようになっています。
基本、白い鞄はプチプラ主義です。絶対汚れますから。

 

スカーフ、このようなシフォンのものを巻くときはもたつかないように、半分は取ってにそのまま被せ、もう半分で持ち手と一緒に巻いていきます。
両方を巻きつけようとするとモコモコになります。
きつめにクルクル。
最後に少し残しておいた部分と結びます。

 

この時、残りの長さがアシンメトリーになるようにしておくのがコツ。
同じ長さだとのっぺりしますので。

 

 

正方形のスカーフの場合は半分に折り、さらに折って細くます。

 

そして、持ち手の中央から半分ずつ巻いていき、終わりのところで巻き付けのなかに通して引っ張ります。

 

スカーフも鞄もまた違ったもののようにアレンジできれば、そんなにたくさんのものを所有しなくてもいいし、なにより楽しいですね。

まだ寒くて冬の装いから抜けれなくても、鞄だけでも春を取り入れられたら♡