水井真理子のビューティ・マルシェ

2015.4.18

隠す努力から、魅せる意識へ

春の柔らかい風が吹いて、ようやく活動しやすい陽気になりましたね。

薄着になるとどうしても気になるのは、二の腕やウエスト、脚についてしまった、つまめる脂肪…。本来女性の体に蓄えられた脂肪分は、女性ホルモンの分泌を促してくれる大切なもの。体脂肪が不足すると、女性ホルモンが不足し、排卵が起こらず生理こなかったり、自律神経のバランスが崩れて体調不良にもつながります。もちろん、肌や髪にも影響がでてくるので、艶もなくなってしまうので女性にとって脂肪は大切なもの。

確かに、女性らしい丸みは脂肪によって作られるし、柔らかい印象がより魅力にもなるのも分かっているけれど……。でも、でも腕をふると揺れる二の腕のお肉や膝の上についてしまった、あのたるんとした感じをどうにかしたいと人におすすめなのがクラランスの「クレーム マスヴェルト」

クリーム マスヴェルト  4月10日発売 

1974年に女性のボディラインを変えるために誕生してから、ずっと進化しているクラランスのボディケア。今年は「隠すボディから魅せるボディ」へと提案。
積極的に魅せることはないけれど、「隠す努力」より、「魅せる意識」がある方がキレイも上向きになると思います。

もちろん、塗るだけではなくボディオートシェイピングメソッドですっきりラインにしていくこともおすすめです。

そして、脚のむくみには、メルヴィータの「ロゼエクストラ リファインボディオイルセラム」

左 ロゼエクストラリファインボディオイルセラム 4月22日発売  右 ロゼエクストラ ブリリアント ボディオイル

セルライトやむくみをそのままにしてしまうと、脚はどんどん代謝の悪い脚になってしまいます。

メルヴィータのオイルの知識を活かしたのびのいいテクスチャーが気持ちよくて、香りもリフレッシュさせてくれます。ふくらはぎ、太もも、お尻までほぐしてあげれば、翌朝の脚の軽さもむくみもないしなやかな美脚に。脚のマッサージをするとき、腕の力も必要なので、これが二の腕の運動になるかもしれませんね。よりしっかりマッサージしたい人は「ロゼエクストラ ブリリアントボディオイル」がおすすめです。

時間もないのにボディケアも?と思いがちですが、やっぱり変化があるとうれしいもの。魅せる季節のボディケアは相乗効果がありますよ。