2
4/4 UP!

春のきれいめスタイルは“洗練ニット”があればうまくいく![PR]

 

ライフシーンが多様化するミモレ世代。ちょっとしたおでかけには洗練されたきれいめなスタイル、オフには華やかな色や柄で遊び心のあるスタイル…と、T.P.Oに合わせて、ファッションもスマートにチョイスする“ギャップのある人”って素敵だと思いませんか? でも、何から揃えればいいの!? という方も多いのでは。そこで! この相対するスタイルを、人気セレクトショップ「ストラスブルゴ」で買えるものだけでコーディネートしてみました。

1回目に取り上げるのは、「きれいめスタイル」。家族や友人とのレストランディナー、同窓会、カジュアルなパーティーやイベントなど、“ちょっとしたお出かけ”に着る服って意外と悩みがち。 気合が入りすぎ! と思われてもイヤだし、地味と思われるのも残念……。そんなとき、気張りすぎないちょうどいい大人のきれいめスタイルを叶えてくれるのが、「上質なニットアイテム」だったんです。
 

イタリアブランドから厳選!
今“本当に使える”4つのニットアイテム

 

ニットジャケット¥95000(クルチアーニ)/ストラスブルゴ

1.〈Cruciani(クルチアーニ)〉
ミラノリブニットジャケット

毎シーズン定番人気のミラノリブ素材。さすがイタリア最高峰の名門ニットブランドだけあって、しなやかなストレッチによるストレスフリーな着心地が素晴らしい! もちろん、目面の美しさもピカイチ。ニットならではの上品な柔らかさはありながら、シャープなピークドラペルやコンパクトなシルエットで端正さも申し分なし。肩ひじ張らならいきれいめスタイルが簡単に。

ニットスカート¥58000(クルチアーニ)/ストラスブルゴ

2.〈Cruciani(クルチアーニ)〉
ミラノリブニットスカート

1.のジャケットとセットアップで着られるのが、こちらのスカート。素材自体は定番人気ですが、広がりすぎないシックなフレアラインのスカートはブランド初。上質なコットンをハイゲージで丁寧に編み上げ、きれいなドレープを生む弾力を実現。肌映えする繊細な光沢も相まって、エレガントな雰囲気が漂います。
 

ニットジャケット¥56000(ラルディーニ)/ストラスブルゴ

3.〈LARDINI(ラルディーニ)〉
ボーダーニットジャケット

「ラルディーニ」は、海外メゾンブランドの製品を30年以上にわたりつくり続けたイタリアの由緒正しきファクトリーブランド。伝統的なテーラーリングの腕は確かなものがあります。このジャケットもその技術力に支えられ、ニットながら完璧なシルエット。軽やかなコットン仕立てで、ロングシーズン活躍必至です。軽快なベージュ×ネイビーのボーダーがコーディネートにリズムをくれるはず。

ニットワンピース¥120000(クルチアーニ)/ストラスブルゴ

4.〈Cruciani(クルチアーニ)〉
ケープ風ニットワンピース

まるでケープを羽織っているかのよう。ゆるやかなドレープを描くケープが優雅に映り、さりげなく二の腕やウエスト周りをカバーしてくれる、そんな気の利いたデザイン。肌になじむグレイッシュなベージュもまた、ノーブルな印象を後押し。他にはないデザインだけど、シンプルゆえ、小物使いでアレンジが楽しめるのもいい。

 

どれだけ使える? 早速検証!
厳選ニットアイテムの着回しスタイル


いいものを手にしたら、どんどん活用したいですよね! そこで、4つのニットアイテムを使い、オンスタイルを想定した着回しスタイルをご紹介します。

STYLE01
ニットジャケットだからつくれる柔和なオールブラック

 
 

ニットジャケット¥95000(クルチアーニ)、キャミソール¥39000(アキコ オガワ)、パンツ¥38000(サポート サーフェス)、ピアス¥47000(サイモン アルカンタラ)、バッグ¥83000(ミチノ)、¥83000(ニコラス カークウッド)/ストラスブルゴ

センシュアルなレースキャミソールに光沢のあるブラックのパンツ、この組み合わせをキリッと引き締めるのがジャケットの役目。とはいえ、かっちりと肩の決まったジャケットほど堅くならず、どこか優しげな印象に導いてくれるのがニットの力。かっこいいけれど女性としてのたおやかさもある、そんな奥行きが魅力的。


旬のストライプパンツで小粋なスマートカジュアルを

例えばショッピングや友人とのランチなど、程よいきちんと感とトレンド感がほしいときにもニットジャケットは活躍。こんなふうにキャッチーなパンツを上品に受け止めてくれる名品を持っていると、オンスタイルの楽しみ方はどんどん広がるはず。ニットジャケット モデル着用と同じ、ニット¥44000(ラルディーニ)、パンツ¥37000(サポート サーフェス)、ベルト¥15000(メゾン ボワネ)、バッグ¥140000(J&M デヴィッドソン)、¥69000(クレジュリー)/ストラスブルゴ



STYLE02
風をはらむシルクトップスとニットスカートは最高の相性!

 
 
 
 

スカート¥58000(クルチアーニ)、ブラウス¥128000(アダム リップス)、チョーカー¥114000(ソフィー ブハイ)、リング¥85000(スティーブン デュエック)、バッグ¥158000(ミチノ)、¥67000(プロエンザ スクーラー)/ストラスブルゴ

後ろがプリーツ仕立てになったつややかなシルクのトップスとしなやかなドレープのニットスカート…。角度によって意外性のある魅力を振りまいて。ロイヤルブルーとブラックのかけあわせでシックな華やぎも約束。最小限のアクセサリー使いで、こんなにドラマティックに!


同色トップスを合わせてワンピース感覚で楽しんでも

デザインはシンプルでも、シルエットの巧みなスカートは、合わせやすくて本当に便利。インはブラックのワントーンでまとめ、チェック柄のコートを羽織れば、トレンド感のあるオンスタイルを楽しめます。スカート モデル着用と同じ、トレンチコート¥190000(ザ ハイアリン)、カットソー¥13000(ハイアリン)、バッグ¥32000(モンパナマ)、¥38000(パロマ バルセロ)/ストラスブルゴ



STYLE03
大人のマリンスタイルを鮮度アップするボーダーニットジャケットの実力

 
 

ジャケット¥56000(ラルディーニ)、シャツ¥30000(バルバ)、パンツ¥47000(リダン)、ピアス¥150000(アコヤ)、リング[3連]¥78000(ソフィー ブハイ)、バッグ¥107000(ザネラート)、¥65000(ニナ リッチ)/ストラスブルゴ

ボーダーは世代を問わず定番。だからこそ、デザインを吟味して。きちんと感のあるジャケットで取り入れれば、さわやかなきれいが手に入る。涼やかなブルーのシャツにブルーデニムという王道きれいめカジュアルも劇的にフレッシュに。パールと足元の白でノーブルな女らしさを添えて。


きれいめワンピースにエフォートレスな空気を

大人のきれいめスタイルを老け見えさせないためには、程よい抜け感が大切。そんなときもボーダージャケットが活躍。ビビッドなオレンジの足元も相まって、品のあるベージュのワンピースに軽やかさが加わり清々しい印象に。ジャケット モデル着用と同じ、ワンピース¥33000(バルバ)、バッグ¥185000(プロエンザ スクーラー)、¥65000(ニナ リッチ)/ストラスブルゴ



STYLE04
今欲しいのは、肩の力を抜いたフォーマル感

 

ワンピース¥120000(クルチアーニ)、サングラス¥43000(トム フォード)、ピアス¥157000(サイモン アルカンタラ)、バングル¥124000(ソフィー ブハイ)、バッグ¥36000(ヴィトラス ジェトヴィラス)、¥44000(パロマ バルセロ)/ストラスブルゴ

コーディネートに迷わず一枚でフェミニンに決まるニットワンピースは、シーンを問わずとにかく使える! クリーンさはありながらケープ風のデザインがコーディネートにアクセントを与えてくれます。もちろんパンプスに合わせてもいいけれど、フラットのミュールやかごバッグなどリラックスした小物合わせも難なくフィット。幅広いオケージョンに活用できそう!


パーティーシーンでは小物使いで変化を。色や光で遊んで

どんな小物も合わせられるのが、このワンピースの魅力。ミントグリーンのクラッチバッグやメタリックサンダルなど、あでやかな小物を合わせてドレスアップ。ワンピース モデル着用と同じ、ネックレス¥28000(カテリーナ プソマ)、バッグ¥124000(ミチノ)、¥68000(クレジュリー)/ストラスブルゴ

 

どちらかというとニットはカジュアルなアイテムだと思っていたけれど、こんなふうに好感度の高いきれいめスタイルも叶うことが分かりました。見栄えはもちろんですが、やわらかくて着心地がいいのも最高! 皆さんも、この春はイタリアブランドのニットアイテムで、ストレスフリーなきれいめスタイルを体験してみてくださいね!


この春、「ストラスブルゴ」エクスクルーシブモデルが登場!
パリのバッグブランド「michino(ミチノ)」に注目

知的さを根底に、クロージャーのチェーン使いやパイピングでスパイシーに。クロスボディもできる2WAY仕様で、オン・オフどちらにもマッチします。2018年秋冬には、ひとまわり大きいミディアムサイズも発売予定。バッグ(H21×W26×D12.5cm)¥158000(税別)※4月中旬発売予定
 

「ストラスブルゴ」で2016年春夏から展開をスタート以来、人気のバッグブランド「michino(ミチノ)」。今季、ミモレのスナップにもたびたびご登場くださっているディレクターの植原ほのさん主導のもと、エクスクルーシブモデルを発売。自立した社会性のある女性のためのバッグが完成しました。なんと、世界中で日本のストラスブルゴでのみの展開となります。ぜひお見逃しなく!


次回は4月18日(水)公開予定です。お楽しみに!

お問い合わせ先/ストラスブルゴ
tel. 0120-383-653

撮影/三瓶康友(モデル)、坂根綾子(物) スタイリスト/望月律子(kind)
ヘア&メイク/小澤実和 モデル/野沢和香 構成・文/榎本洋子