待ちに待った春ですね。

私のインスタは桜の便りで満開。それを横目に少しずつ冬物のお片づけを始めているところです。

さて、ブログでも何度かご紹介させていただいているカシミヤのストールブランド「ASAUCE MELER(アソース メレ)」が春夏に向けても本格発信することになりました。

 

素材はリネンをベースに 夏らしい色鮮やかな発色が魅力。

オススメはベルギーリネンのストール。ベルギーリネンは世界三大リネンの一つとしてクオリティーの高さに定評があります。日本で唯一のリネン専門の低速織機を使ってゆっくり丁寧に織り上げているため、1日10mしか織り上げることしかできない希少性の高い生地です。

ベルギーリネンロングフリンジストール ¥26,000(税抜)
鮮やかな色合いが魅力のベルギーリネン、早速愛用しています。使い始めはハリ感がありますが、徐々に馴染んでいい風合いに。シワ感も楽しめるので、気軽にバッグの中に放り込んで持ち歩いています。

特にこちらの「ベルギーリネンロングフリンジストール」は今シーズン一番のおすすめ。通常のリネンより肉厚で、独特な重みと生地の落ち感を楽しんでいただきたいストール。100cm×185cmという大判サイズで、巻くというより羽織るという意識で無造作に愉しんでいただきたい一枚。厚手だけに少し肌寒さが残る今時期から夏の冷房対策まで重宝するストールです。ありそうでなかったこの生地感は感度の高いスタイリスト、エディター、バイヤーから大絶賛。

タウンではジャケットやTシャツ&デニムみたいなシンプルなスタイルに加味するのも良し、リゾートにはパレオみたいに使ったり、サマードレスの上に羽織ったり、日よけにも一役買ってくれそうなアイテムです。

たださりげなく羽織ってもフリンジがニュアンスを作ってくれる。
大判なので、ウエストをベルトでマークしてジレ風に巻いても。

 

そしてもう一つのオススメは、「シルク×リネンスエードトリミングストール」。

シルク×リネンスエードトリミングストール ¥17,000(税抜)

リネン100%より繊細で柔らかな肌心地がとても魅力。シルク×リネンは通常織ることができない生地で、織る際に水に溶ける糸に素材を巻きつけ、最後に洗いをかけるという、こちらも複雑な行程を経て作られている生地です。

定番化したトリミングはスエードを使い、柔らかい生地はより一層遊び感を醸し出し、誰もがこなれた感じで巻ける秀逸品。ワーキングスタイルや正装などのシチュエーションにも使えそうなストールです。

 
 
巻き方いろいろ。案外誰でもニュアンスが作りやすいのが嬉しい。トリミングが勝手に遊び感を出してくれます。

 

冬だけでなない、これからのシーズンだからこそ楽しめるプラスワンの巻物術ぜひお試しください。