2018 Mar. 28

ハリーポッターコートで、
ベーシックにミーハーを載せて

30代の時は、ベーシック8:流行2――のようなバランスで、スタイリングをしていました。それには様々な理由があります。3人の小さい子供を抱え、毎朝保育園、幼稚園、そして駅まで、と子供たちを送らなくてはで。帰宅も走って(笑)。座って朝食を食べたことがなかったから(今、この時期のただ中にいる方、大丈夫ですよ。必ずこの大変なタイミングは終わります。振り返ると、少し懐かしかったり(笑))、ベーシックアイテムやカラーを組み合わせ、少しだけ流行や自分らしさをトッピングが、着回しも効いてちょうどよかったのです。
例えば、グレーのニットにデニム、足元を工夫して、のようなスタリングです。

今、それと同じことをやってしまうとダメ。疲れて見えたり、地味に見えてしまうのです。そこで、流行のバランスをもう少し増やしてみました。普段は4割くらい。時には、5割くらいいくときもあります。この流行、ストリートではやっているど真ん中、という意味でもなく。今だと、スポーティな要素、もしくは少しクチュールっぽいもの、というイメージ。スニーカーや、デザイン性のあるブラウスなど。こうしたものを積極的に取り入れることは、すなわち「ミーハー心をトッピングすること」。ひと目見た時に、理由なく惹かれてしまう、心が躍るもの。使い回しや長く使えることよりも、とにかく「好き」を優先するのです。この、好きになる、心を動かすことが大切。スピード感、とでも言うのでしょうか。

長年の経験から(笑)、合理性や計算で「使えるもの」をキャッチする力はついている私たち。あとは、心を揺らしたり、動かしたりすることを躊躇せずにいたいものです。

というわけで、今シーズン買った、デザインワークスのコート。スポーティな素材に、ネイビー×イエローのトリミング。バックスタイルは、かなり深くスリットが入っています。春に登場するトレンチコートに比べると、スタイリングのバリエーションは少ないですが、着るだけで元気に。しかも、会う人会う人に「素敵ですね」と言われる、褒められコート。会話やコミュニケーションの第一歩になります♡

割合は、その人によって違うと思うのですが、おしゃれが停滞したな、と思ったら、是非スピード感、取り入れてみてください。

大草 直子

  • モードを着るときは、ほかのものはできるだけベーシック、言い換えると「慣れたもの」に。例えば、白のコンバースのような!
  • メイクをモードに合わせて強くするのではなく、サングラスでパンチをプラス。レイバンのハーフオープンは、どんなスタイルにもフィットしてくれます。
 
CREDIT :

コート、ブラウス/デザインワークス
パンツ/アッパーハイツ
スニーカー/コンバース
バッグ/J&M デヴィッドソン