2018.4.21

春、視覚も喜ぶ週末京都ステイ

4月に入り、本格的な春の訪れに旅心を誘われる、そんなシーズンですね。日常を離れて心をそっと解きほぐす……そんな時間を求めるなら、京都へ。街が薄紅色に染まると、花街では春の踊りがはじまり、京都ではひときわ華やかな季節が到来します。今回ミモレが訪れたのは、800年の歴史を受け継ぐ名庭「積翠園」を誇る、フォーシーズンズホテル京都。これからの季節、池のほとりのツツジや菖蒲などが咲き誇り、雅な美しさを眺めることができます。


東山の地に立つ、フォーシーズンズホテル京都

「積翠園」は、平重盛の山荘庭園「小松邸」の敷地とされ、平安時代の遺構としても貴重な庭園。お庭の中にある茶室「積翠亭」では日中は茶道体験、夜は日本酒やシャンパンを楽しめます。

 

美しい庭園を臨むガーデンビューの部屋でゆったり


おすすめはやはりガーデンビューのお部屋。広々とした窓から積翠園の緑を眺める時間は、思わず「どこにも出かけずここで過ごす時間だけで十分かも…!?」と思ってしまうほどの開放感。室内のインテリアには西陣織のファブリックや清水焼の陶器、開化堂の茶筒などが用いられ、京都らしい設えもそこここに。時間を忘れるほどのリラックスした時間が過ごせます。

 
 
 

お部屋はプレミアガーデンビュー

 

まるでリゾートホテルのような開放感

レストラン「ブラッスリー」は大きな窓から積翠園を望むスタイリッシュな空間。そしてこれからのシーズンはオープンエアテラスでの食事もおすすめ。
最高水準のテクロノジーとアジアの伝統医学や自然療法を融合させたスパ「ザ・スパ・アット・フォーシーズンズホテル京都」。深いヒーリング効果をもたらす「京の癒し」を心と身体で堪能できる。プロダクトは京都発のオーガニックコスメブランドKOTOSHINAや、フランスのドクターズブランド「ビオロジック ルシェルシュ」など、こだわりのセレクトを体験できます。

朝早くホテルを出発して神社仏閣をめぐり、夜まで街中で過ごす…と言う過ごし方も楽しい京都の旅。ときには、ダイニングでゆったりと朝食を摂り、その後スパやプール、ジャグジーでリラックスする……というような、ホテル内でじっくり過ごす楽しみ方もいいかもしれません。そんなリゾートホテルのような空間作りも魅力のひとつ。

地下2階のフィットネスフロアには、20mのプール、ジャグジー、24時間営業のジム、サウナや大浴場を完備し、宿泊ゲストは無料で利用できる。プールサイドのカバナでお気に入りの本を読んだり、リラックスしたひと時を過ごすのもおすすめ。
 

ザ・ラウンジ&バーでは、昼はお茶と季節のスイーツやサンドイッチなどの軽食、夜は美しいカクテルを楽しめる。ホテルメイドのスイーツのテイクアウトも。編集部が訪れた際は、ラウンジには桜が飾られ華やかな雰囲気。こちらは、フォーシーズンズホテル京都の装花を監修するフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏によるもの。館内のイベントはこちらで確認できます。

 

古都の文化体験が凝縮された東山エリア


ホテルのすぐそばには千一体の観音様が圧巻の三十三間堂や智積院、京都国立博物館があり、観光名所である清水寺周辺にも徒歩15分圏内。フォーシーズンズホテル京都の立つ東山エリアには、京都の趣のある文化財や風景が点在し、バラエティに富んだ散策が楽しめます。

これから訪れる新緑の美しい季節の京都は、見どころもたくさん。GWや週末などに訪れて、ぜひ目にも身体にも優しいリラックスした時間をすごしてみるのも良いかもしれません。
 

フォーシーズンズホテル京都
京都市東山区妙法院前側町445-3
tel. 075-541-8288
公式フェイスブックはこちら>>
公式インスタグラムはこちら>>

文/編集部