2018.5.3
12

衝撃の実話に驚きの連続!『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 配給:ショウゲート © 2017 AI Film Entertainment LLC.

観ている間、何度も「嘘でしょー!?」と叫んでしまった映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』を紹介します。みなさんは、リレハンメルオリンピックの出場権を得るために、元夫にライバルを襲撃させた疑いを持たれたフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディング選手のことを覚えていますか? 疑惑の目を向けられた彼女の半生を映画化したのが、この作品。私は彼女のことを全然知らないまま先入観なしにこの映画を観たせいもあって、実話だとは信じられないようなエピソードの数々に本当に衝撃を受けました。

貧しい白人家庭で育った子供時代からはじまる物語なのですが、トーニャが受けていた暴力の凄まじさと言ったら……。母親はいつも娘をひどい言葉で罵るばかりか、ナイフを投げつけたりするんですよ!? 恋人から夫になった男はDVを繰り返してばかりなのに、別れる気配は全然なし。こういう男は要注意ですよ、っていう悪いお手本のような男なのに、こうやってつながりあっている関係ってやっぱりあるんでしょうね。彼女のように暴力にさらされている女の人が、今も世界中のどこかにいるんだろうな、なんてことも考えてしまいました。

 

演じる側の視点で見ると、人と人がぶつかりあうときの迫力に圧倒されました。ひっぱたくシーンの容赦ない“本気”を目にして、『セッション』を思い出したりもして……。母親役のアリソン・ジャネイは、アカデミー賞助演女優賞を受賞したというのも納得の存在感。私にとっては、色々なドラマや映画で観ているけれど名前は分からない、という女優さんだったので、彼女が助演として出ている作品の数々を観返してみたくなりました。

そして何より驚かされたのはトーニャを演じたマーゴット・ロビーのスケートシーン!
本物のスケート選手かと思うほど、リアルな滑りをしているんです。ただ上手なだけではなくて、スケートからトーニャのキャラクターが伝わってくる感じ。指先まで含めてすべての動きが硬くてエレガントではないけれど、全身から“私を見て!”というがむしゃらなエネルギーが放たれているんですよね。もしもスケート選手役のオファーをもらっても、私には絶対にできないと思います。

 

トラブルメーカーでもある彼女の才能を伸ばしてくれるコーチに恵まれたとはいえ、20代でこんなにも壮絶な経験をしたら、いくら負けず嫌いでも心も体も壊れちゃう人が多いと思います。なのにトーニャは本当に強い! かわいそうな人生をかわいそうに描いていないのがこの映画の面白いところで、野性味があるトーニャのことをいつの間にか応援している自分がいました。彼女は自分の人生が映画になって、幸せに感じているのかな? 同じ時代に戦った選手たちの話も聞いてみたい、……と、観た後も興味はつきない『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』。フィギュアフリークのみならず、映画館で“びっくり”を味わいたい人におすすめです。

 

 

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
アメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、‘92年アルベールビル、’94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となったトーニャ・ハーディング。
彼女は貧しい家庭に生まれ、幼いころから母親の暴力と罵倒の中で育てられた。天性の才能と努力で栄光をつかむも、夫の友人がトーニャのライバル、ナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変し、転落が始まる。全米を震撼させた実話の真相とは? 5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!配給:ショウゲート © 2017 AI Film Entertainment LLC.

PROFILE

米倉涼子/1975年、神奈川県生まれ。2017年の夏、ミュージカル『シカゴ』で、ブロードウエイ2度目の舞台を踏む。代表作にドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)シリーズなど。スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの吹き替えを務める『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、公開中。