2015年 春の特集 賢者のキレイtips オオニシ恭子

2015.5.9

オオニシ先生tips5. よく噛む

「内臓の負担を減らしてあげましょう」

あなたは何回噛んでから飲み込んでいますか? 忙しいと日々を送っているとついつい物をあまり噛まずに食事をしてしまうことも多いのではないでしょうか。

よく噛むことで内臓で行われる消化の負担が軽減します。さらに、こめかみが動くので自律神経が安定してくると言われています。食事のペースも緩やかになるので、食べすぎを防ぐこともできます。同じ食事を摂っていたとしても、よく噛む人と噛まない人の間には、健康に大きな差が出てきてしまうものなのです。

取材の夜は、皆で手巻き寿司。「楽しく食事することも、健康にとっては重要なことですよ」

プロフィール オオニシ恭子先生

1981年渡欧。以来31年、東洋的食養法を研究しながら、個々の生活と体質を見つめ、食のアドバイザー、講演会、健康セミナーなどを行う。2013年、拠点を奈良に移し、「やまと薬膳」の活動を開始。著書に『滋養ポタージュではじめる ヨーロッパ薬膳』など。

ホームページ:やまと薬膳クッキングスタジオ いってん
オオニシ恭子先生の東京での薬膳クラス:薬膳教室