2015年 春の特集 賢者のキレイtips オオニシ恭子

2015.5.11

オオニシ先生tips7.オーガニック野菜の定義を見直す

「できるだけ自然農法の野菜を選びましょう」

化学肥料を使わない有機農法の野菜(オーガニック野菜)が注目を集めていますね。だけれど、その野菜すべてが安全だとは限りません。動物の糞などの堆肥を使っているわけですから、その動物たちの餌までを管理していなくては安全とは言い切れないからです。

ですので、私がオススメしたいのは、自然農法で育てられた野菜です。都会に住まわれている方は難しいかもしれませんが、できるだけ生産者の方々の顔が見えるような野菜を買っていただきたいです。農薬が気になる場合は、重層を使って洗うとよいでしょう。

「野菜は、近くで収穫されたものを分けていただいたり、自然農法のものを宅配したりしています」
「ケールが手に入ったので」と、この後、ポタージュスープとジュースに。

プロフィール オオニシ恭子先生

1981年渡欧。以来31年、東洋的食養法を研究しながら、個々の生活と体質を見つめ、食のアドバイザー、講演会、健康セミナーなどを行う。2013年、拠点を奈良に移し、「やまと薬膳」の活動を開始。著書に『滋養ポタージュではじめる ヨーロッパ薬膳』など。

ホームページ:やまと薬膳クッキングスタジオ いってん
オオニシ恭子先生の東京での薬膳クラス:薬膳教室