2018.5.2
13

あなたのイメージは1つでいい! スタイルのつくり方【新刊記念イベントレポート】

 

こんにちは、編集・川端です。
前回に続き、大草編集長の新刊『大草直子のSTYLING & IDEA』発売記念イベントの模様をレポートします。ご来場いただいたみなさんから寄せられた質問に大草編集長がズバッと解答!「新しいデニムを買うコツ」や「夫婦コーデの合わせ方」、「スタイルの見つけ方」まで。著書と合わせてぜひご参考になさってください。

司会の川良が読み上げた質問にポンポンとテンポよく答えていく大草編集長。


Q .若い感じの服を着ると、若づくりのようで似合わない気がします。でも、年より上にも見られたくない。イタくならない「年齢にふさわしいおしゃれ」のしかたを教えてください。


A .「年齢にふさわしい」かどうかはサイズ感が重要。
肩と背中が丸く見えないものを選んで。


お洋服のブランドって(ブランド側ははっきりとは言いませんが)、ターゲット年齢があるんですね。最近は、若い人向けのブランドとそうでないブランドでも、デザインも素材も実はあまり変わらないことが多い。でも、なにが一番違うかというと「サイズ感」と「縫製」です。

若い子向けのブランドを買っちゃいけないってことではないんです。私も娘と一緒に買いにいくこともありますし、ミックスして着ることもあります。でもひとつ気を付けていただきたいのは、肩のラインと背中の見え方です。

婦人は背中と肩が丸くなる。なんかもっさりしてきたなと感じたら、背中~肩~肩先に肉がついてきたせい。背中や肩まわりのサイズ感があってないと、後姿が丸く見えます。購入されるときに、それを気を付けてチェックされるといいと思います。


Q .「毎年デニムを更新するとよい」と大草さんの記事で読みました。ついラクな同じようなデニムばかり選んでしまいます。新しく今っぽいデニムを選ぶポイントはありますか?


A .自分は買わないような若いブランドの
デニムをチェックするとトレンドがわかります。


「ラクであること」「着心地がいいこと」は婦人のデニム選びには絶対(笑)。間違っていませんよ。そういったデニムをベーシックアイテムとしてお持ちになることで、おしゃれをリラックスして楽しめますね。

この本の中では「主役のデニムと脇役のデニム、1本ずつもつといい」と書きました。

レッドカードのウーマンは、私にとっての主役デニム。主役デニムは、色や加工もベーシックで、自分の身体に馴染むもの。脇役デニムは「今年らしさ」が見えるもの。

デニムは、色合いや加工感(ダメージ)、シルエットなどでトレンド感がすごく出やすいアイテム。10年前のデニムをはいていたら、10年前の人になってしまいます。高いデニムを買う必要はないので、できるだけ更新することで、ほかの定番アイテムを新鮮に見せてくれます。

「今年らしいデニム」を見つけるコツは、自分は買わないような若いブランドのデニムをオンラインショップやインスタグラムなどでチェックして、今はこういうのが流行っているのね、とリサーチすることです。
私の場合は、マウジーなどもよくチェックします。“OK!今年はブラックね”ってあたりをつけてから、買いに行き、ブラックのスキニーは私には難しいから、テーパードにしようか……などと試着すると今っぽいデニムに更新できると思います。


Q .好きなアイテムや着たいものを買って合わせるとコーディネートが散らかってしまいます。どうしたら自分にピタッとくる「おしゃれの方向性」を見つけられますか。


A .おしゃれの方向性は自分しか見つけられない。
自分のイメージに奥行きを作ってくれるワードローブづくりを


これはおしゃれ更年期の典型的な症状ですね。まず、ワードローブを点で揃えないこと。これ可愛い、これもいい、あれも欲しい、と買ってしまうと、クローゼットから目をつぶって2着とったときに全然合わないということが起こります。それが一番ストレスがたまる原因。服はたくさんあるんだけど、着こなしのパターンが限られてしまうんですね。

もしかしたら、みなさん「今日はフェミニン、明日はマニッシュ、あさっては知的な感じ……」とイメージを変えなきゃって思ってらっしゃるかもしれません。でもそんなにイメージって変えなくいいんです。あなたのイメージはひとつでいい。イメージに奥行きをもたせてくれるワードローブをつくっていくことが大事です。

ワードローブづくりにあたって、まずはなりたいイメージや女性像を明確にすること。それがあなたのスタイルですね。

たとえば、私が今日いらっしゃったお一人お一人に「こういう組み合わせが似合いますよ」とアドバイスはできるんですけど、それはコーディネートであってスタイルではない。スタイルは自分で見つけていくしかないんですね。

じゃあ、どうやってスタイルを見つければいいかという方法が、実は次にミモレから出る本に書いてあるんです(笑)。

5月中旬に発売になる『自分のスタイルが見つかる おしゃれコーチング』。マディソンブルーのシャツ、ボンマジックのパール、キッカの口紅がセットになった特装ボックス版も発売になります!(数量限定発売のため、予約抽選販売へのご応募が必要です。ご応募はこちらから>>

少しだけメソッドをご紹介すると、たとえば憧れる女性像のセレブリティの写真を見つけて集めてみるっていうのは一番わかりやすいやり方です。あるいは、言われて嬉しい言葉を書きだしてみるのもオススメです。たとえば、キレイだねって言われるより、かっこいいねって言われるのが嬉しかったり、マニッシュな服を着ていても、繊細だねって言われるのが嬉しかったり……。言われたい言葉って、好きな服だけではわからない自分の内面を掘り起こしてくれるんです。

『自分のスタイルが見つかる おしゃれコーチング』は、そんな風に自分で書き出してみるワークブックがついています。読むだけでははく、作業してみることで、よりなりたいイメージが明確に。立ち読みだけでは完結しないので、これはもう買っていただくしかないです(笑)。


Q .ご夫婦でも絵になる大草さん♡
お二人でおでかけの際の服選びのコツを教えてください。


A .出かける服選びもコミュニケーションのひとつと楽しんで
ドレスコードやカラーにリンクを


出かける服を決めるところからコミュニケーションが始まっています。家族で出かけるときも、今日の予定を先に話します。どこで買い物をして、その後どこに寄って、どういうレストランでご飯を食べるのか……。今日のスケジュールによってなんとなくのお互いのドレスコードを(ものすごくカジュアルなのか、少しドレスアップするのか)をすり合わせるんです。

『大草直子のSTYLING & IDEA』にも書きましたが、素敵なカップルって美男美女であるとか、金持ちそうに見えるとかそういうことではなくて、お互いがお互いを思い合っていて、お互いがお互いに愛情があるのがわかることだと思うんです。カップルでいて素敵に見えるのは、どちらかというと女の人のほうが華やかで、男の人がそれを愛おしく見ている、という関係がエレガントでシックだなと思います。

うちの夫は、私が支度をするまで着替えるのを待ってるんですよ。それは頼んだわけじゃなくて、途中で私が気づいたんですけれども。私が服を決めてから、それに合わせて彼が服を選ぶ。彼は外国人なのでほっておいても目立つから、ある意味、キャンパスになることを意識してくれているんだと思います。

あと、どこか1つだけ色を小さくリンクさせるのもいいですね。私がオレンジ色のパンツをはいていたら、彼はスカーフにちょっとだけオレンジを効かせたり……(会場から「そんな素敵な旦那さんなかなかいないですよ!」と突っ込みが入り、照れ笑い)。

めったに二人でなんか出かけませんから(笑)たまにはリンクしたコーディネートを楽しむのもコミュニケーションのひとつだと思いますよ。

本の中にも、ご主人とのリンクコーデやファミリーコーディネートの写真を掲載。子どもの服育への考え方も紹介しています。

引き続き、ご感想や印象的だったコーディネートなどをぜひ教えてくださいね。

 

<好評発売中!>
『大草直子のSTYLING & IDEA』10年後も使える「おしゃれの結論」

大草直子 著 講談社 刊 ¥1500(税別)

45歳になった編集長・大草直子が、長いおしゃれのトンネルを抜けて辿り着いた「おしゃれの結論」を指南します。シャツやジャケット、トレンチコートなどが見違える着方テクニックや、季節ごとのワードローブの揃え方、リネン、カシミアなど素材を楽しむおしゃれについて、旅や結婚式、子供の学校行事のコーディネートなど、おしゃれに迷ったときに本を開けば必ず答えが見つかる、ファッションブックの決定版です。

全カットを本人が着用して撮影。すべての「結論」を自筆のエッセイで綴っているほか、mi-molletに掲載したスナップ写真3年分約254点も「デニム」「スカート」「トレンチコート」「ジャケット」「ドレス」「パンツ」「Tシャツ」「バッグ」「ボーダー」「ライダース」「ニット」「ジレ」「コート」「雨の日」「手元」「帽子」「旅行」「家族」などカテゴリー別に収録しています。

 

<販売告知!>
『自分のスタイルが見つかる おしゃれコーチング 特装ボックス』定価¥80000(税抜)

 

満を持して、交渉に交渉を重ね、社内の関係部署を説得し実現した今回の特装ボックス。高額な商品になりましたが、1点1点のアイテムが素晴らしく、価格以上の価値がある商品になっています。時代が変わっても、年齢を重ねてもきっとご愛用頂けますし、何より皆さまがおしゃれのトンネルに入ったときに、セットで着けて頂き、お気持ちに寄り添うことができたらと願っております。ミモレ3周年の記念に、またご自身のスタイル探しの一助に、お買い求め頂けたら幸いです。

[販売の流れ]
・購入を希望される方は応募ページよりご応募ください。
・商品は「おしゃれコーチング特装ボックス発売記念!マディソンブルーディレクター中山まりこ×ミモレ大草直子編集長トークイベント」(5月26日(土)にマディソンブルー直営店で開催予定)でのお渡しか、編集部からの発送かお選び頂けます。
・応募後のスケジュールは下記のとおりです。

4月26日(木)購入希望者の応募をスタートします。下記、応募ボタンよりお申込みください。商品はイベントでのお渡しか発送かお選び頂けます。

5月8日(火)11:59に応募締切。応募者多数の場合、抽選とさせて頂きます。

5月9日(水)当選者に当選通知をメールでお送りし、お振込先をご案内致します。

5月15日(火)11:59に入金締切。ご入金頂いた方のうち、イベントでのお渡しをご希望の方には、イベントの詳細をお送りします。

[注意事項]
・同梱されているいずれの商品も、不備や破損などがあった場合などを除いて、返品交換は一切受けられません。
・製品本来の用途以外に使用しないでください。
・バロックパールは元々個体差がありますので、形や色、サイズなどの理由による返品交換は受けられません。予めご了承ください。
・誤った使用方法による本品の破損・不良につきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。
・この商品の転売などの行為は固くお断り致します。
・パッケージの紙バッグ、紙ケース、OPP袋は梱包材ですので、輸送時の破損、つぶれ等によるお取り替えはできません。あらかじめご了承ください。
・当選者は女性に限らせて頂きます。
・高額商品のため、イベント参加時には入り口で身分証明書をご提示いただきます。体調不良等の理由により、イベントに欠席される場合も、代理受け取りはご遠慮いただき、後日発送させて頂きます。

応募はコチラ>>
※応募締切※ 5月8日(火)~11:59


・Vol.1「『大草直子のSTYLING & IDEA』の中身を先行公開!【メイキング動画つき】」はこちら>>
・Vol.2「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる1<ライダース×マフラー>【動画】」はこちら>>
・Vol.3「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる2<ジャケット×マフラー>【動画】」はこちら>>
・Vol.4「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる3<ジャケット×スカーフ>【動画】」はこちら>>
・Vol.5「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる4<ニット×スカーフ>【動画】」はこちら>>
・Vol.6「☆書籍購入者限定☆『大草直子のSTYLING&IDEA』プレゼントキャンペーンのお知らせ」はこちら>>
・Vol.7「シンプルな服こそ、「着方」でものにする1<トレンチコート>【動画】」はこちら>>
・Vol.8「シンプルな服こそ、「着方」でものにする2<ジャケット>【動画】」はこちら>>
・Vol.9「シンプルな服こそ、「着方」でものにする3<シャツ>【動画】」はこちら>>
・Vol.10「ヘアは服に合わせて。「黒」の分量を調節【動画】」はこちら>>
・Vol.11「『黒』は、素材と口紅で着る【動画】」はこちら>>
・Vol.12「いま大草編集長がスタイルブックを出した理由とは……【新刊記念イベントレポート】」はこちら>>
 

 ヘア&メイク/小澤実和 撮影・文・構成/川端里恵(編集部)