2018.5.4

きちんとの次は“楽しむジャケット”を!
デビューブランド「カバナ」をおすすめする理由

皆さん、こんにちは! ライターの榎本です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか? さて、今日は先週に引き続きユナイテッドアローズ元アクセサリーバイヤーの吹上肖(ふきあげあやか)さんがプロデュースする2018年秋冬に立ち上がる新ブランドにフォーカス! ありそうでなかったジャケットに特化したブランド「Cabana(カバナ)」がデビューするんです。

マスキュリンなブラックジャケットは、一枚で凛とした空気感。シャープな女性像に直結します。5年先も愛用できそうなスタンダードな一枚をぜひ手に入れたい! ジャケット¥73000(税別)
ほっこりしがちなコーデュロイのジャケットも、計算されたオーバーサイズシルエットやディテールでモードに進化。こんなふうにレースキャミソールにざっくり羽織ったら最高にかっこいい。ジャケット¥69000(税別)
ジャケットだからきちんと着る、そんな概念は不要。トラディショナルを着崩すかっこよさを身につけたい! ジャケット¥114000(税別)
ノーブルなライトグレーのジャケットにキャメルのくるみボタンを添え、どこかノスタルジックなムードに。ジャケット¥74000(税別)

ユナイテッドアローズ出身のデザイナーならではの「トラディショナルな要素を女らしく身につけたい」というマインドを軸に、男前ならぬ“女前”なスタイルを標榜しています。ポイントとなるのは、細やかなデザインの数々。

後ろ台襟のさりげない配色は、襟を立てたときのアクセント。
フラップポケットの仕様にもこだわって。袖口もボタンの開閉で表情が変わります。
このジャケットは、バックスタイルがペプラム仕立てに。美しいドレープで後ろ姿も印象的に。ドレスにはもちろん、Tシャツに羽織っても。参考商品
表地の色や素材によって裏地が異なるこだわりよう。こちらはマニッシュなストライプを。袖口のあしらいで遊べます。
インナーポケットデザインがブランドのアイコンとなり、手ぶらで出かけられる“男っぽさ”を表現。バッグデザイナーならではの発想から生まれた“バッグレス”機能に注目!

例えば、仕事で着るようなカチッとしたジャケットは一枚持っていると便利。だけど、それとは別のベクトルで“楽しむジャケット”があってもいいと思うんです。もっと自由に、ドレスアップだけではなく普段着としても着られるジャケット。「カバナ」には、そんな身近なジャケットが揃っています。

発売は9月下旬予定と少し先になりますが、今からチェックしていて間違いのなし!と胸を張っておすすめします。展開店舗は、UNITED ARROWS 原宿本店、BEAMS HOUSE 丸の内店、阪急百貨店 THE LOBBYなどを予定しているそう。皆さま、ぜひ楽しみにされてください!

★ Cabana(カバナ)公式インスタグラム

お問い合わせ先/アマン
tel. 03-6805-0527

 

榎本洋子/フリーライター。
大学卒業後、ひょんなきっかけでファッション誌のライターに。その後、ブランドのプレス、Web制作会社を経て独立。現在は、ファッション、インタビューなど、雑誌やWebで取材&執筆の日々。好きなものは、 書くこと、おしゃれ、黒、鯖、トイプードル、昼寝。