2018.5.7

ホームカフェと攻めファッションのポイント

時系列が前後していますが、ゴールデンウィーク前に中之島のダルマイヤーカフェにてホームカフェのポイントを教えていただいてきました!

 

ダルマイヤーカフェの中はとっても優雅で落ち着いた空間で、ここだけは時間がゆったりと流れているよう。

 
 


テーブルコーディネートとおもてなし講師のインテリアデコレーター山本智子さん。この方のセンスが大好き!

 


簡単なテーブルコーディネートやおもてなしのポイント、そしてチョコレートの楽しみ方や紅茶やコーヒーとのマリアージュ、美味しい淹れ方を教えていただきながらのもぐもぐタイムも楽しんできました。

 

今回一番驚いたことは、フレンチプレスの道具が紅茶ではなくコーヒー用だったこと!
40年間知らずに生きてきました…
そもそも何故紅茶用と誤認されるようになったのかというと、輸入していたとあるメーカーがコーヒー用では売れなくて、紅茶用として販売してみたら売れたという話にずっこけそうに。まさかそんな理由だったの?!

 

丸い…気を付けないと背中がいつのまにか猫のように丸くなっています。ニャオ。
ブラウス、トップス共にLazonで購入 鞄…ZARA 靴…チャーチ デニム…ノーブランド

 


このブラウスとビスチェ風トップスは私にとってとても攻めたデザイン。念のために恥ずかしくなった時用にとカーディガンも持ち歩いて、やっぱり電車の中では恥ずかしくて寅さん掛けして隠していました笑。
攻めたファッションやデザインの時は必ず私的定番色の紺と白で。それが私のポイントです。着たことがないようなものに手を出すときもこのポイントをおさえれば安心。
ボトムもデニムにして、紺を素材違いで重ねます。そして肩以外の露出は極力おさえて。
色を足すのは鞄や靴で。今回は靴も色をおさえているので、鞄はカラフルなマルチカラーで。
年齢を重ねるとだんだん冒険するのも臆病になりがち。失敗するのが怖いから。
だけど、やはり新しいものを楽しみたいというのも事実。
自分の安心ポイントをおさえてこれからも無理のないファッションの冒険を楽しんでいきたいものです。


このブラウス、気になる二の腕をカバーしながら肩が出せるのが実は私たち世代に向いてるデザインと気づきました。挑戦したことないのですが、この理論でいけばオフショルももしかしたらいけるのかも?!
大人のオフショル、今はまだハードルが高いのですが、いつか日焼けしてヘルシーに挑戦してみたい!