2015.4.23

セカンドリングをお探しなら……

「きっと好きだと思うから」と教えてもらった、ジュエリーブランド「kataoka jewelry and objets d’art」。直営店で新作の展示会があるというので、お邪魔させていただくことに。

東横線の都立大学駅から徒歩7〜8分にある小さなショップ。でも、海外ではすでに彼の名前は知れ渡り、世界中からオファーが来ているそう。

 

こんなキレイなリングがあるなんて、知りませんでした。緻密で繊細なデザインは、ため息がでるほど美しかったです。

基本、アクセサリーははずさないタイプなので、お風呂も寝るときも一緒。だから、引っかかりがあるものや大きな石のデザインは選ばず、シンプルなモノを身につけていました。

でも、これは別格。

 

 

デザイナーの片岡義順さんは「今までジュエリーに関心のなかったひと、そんなひとを惹きつけるようなモノをつくりたい」と語ります。片岡さんのブランドにはブレない想いがある。
きっと、心の奥にずっと居続けるモノ。どんな環境になっても決してブレることのない気持ちなんでしょうね。
原点となる作品を見せていただきました(手前中央)。アームは細く、まわりには花や自然のモチーフを紡いた、まるで「花冠」のようなリング。細かいアームのミル打ちやローズダイヤの石留め、全ての工程に時間と手間を掛けた作品は、圧倒的な存在感を放ちます。

こういう想いのあるリングって、指につけたら手放せなくなるだろうな。

 

もし、自分のご褒美や人生の節目でセカンドリングの購入を考えているなら、ぜひ。いろんな経験をしてきた人だからこそ、似合うジュエリー。自分の手が今までより以上にキレイに見える、愛おしくなる、そういう気分にさせてくれるリングです。

 

今日から5月17日までの間、“食とジュエリー”展を開催しています。片岡さんのアイデアが詰まったブックも展示されています。ページをめくると、お客さまの名前とデザイン画、イメージとなるキーワードが書かれていたり……そのときの情景が手にとるようにわかります。

お近くに行かれた際は、実際に見て、手にとってみてくださいね。

■「kataoka jewelry and objets d’art」新作発売記念展

期間:2015年4月23日〜5月17日