大阪、梅雨入りでしょうか?雨が続いていますね。先日も雨の京都へ大人の遠足へ行ってまいりました。

 


雨の上賀茂神社。このしっとり感、雨も良いなと思わせてくれる京都。

日本語の「埒が明かない」はここ上賀茂神社での競べ馬の囲いの柵を「埒」と言い、その柵が外されないことが語源だとか。
歴史の深さを感じます。

 

愛之助さんと紀香さんもここ上賀茂神社で挙式されましたが、外国の方もたくさん挙式されるのだそうです。
ここは変わらない。これからもずっと変わらない。宮司さんはおっしゃいました。

 


「毎年、結婚記念日にこの思い出の地で写真を撮られる方がいらっしゃいます。何も変わらないこの場所で、写真にはお二人の皺だけが増えていきます」と。

日本って素晴らしい歴史ある国なのだと改めて、日本人であることの幸せと誇りを感じました。

 

その後はもちろん?甘いものを買いに。お土産におはぎとやきもちを。

 

 

 

やきもち何個でも食べられちゃう~汗

 

匂い袋屋さん。いかにも京都らしい!

 

その後は以前にもお着物を見せていただいた虹染の本郷大田子さんのお宅へ。

 


美味しい京野菜たっぷりのお料理をいただいて。

 


お席には一人一人の名前を書いてくださっていることに感激

 


お料理に合わせた日本酒は、佐々木酒造の。そう、あの佐々木蔵之介さんのご実家。


本郷大田子さんは「和学」と言って、日本の素晴らしいこの文化を若い世代へ伝えていきたいというプロジェクトを考えてらっしゃるのです。とても素敵なこのプロジェクト、今後ぜひ多くの方に広げていってもらいたいなぁ。

食事もただお腹を満たすだけなら何でも良い。でも、食事とはただ空腹を満たすのではなく、そこにいる人と楽しさや美味しさを分かち合ったり、季節や旬を感じたり、目で見て美しいと思ったり、五感で楽しむもの。というお言葉に改めて、考えさせられるものがありました。

そう、忙しい中でもそういう気持ちは決して忘れてはいけない、いや、忘れたくない。
むしろ楽しんでいきたいな。

 

庭で積んだヤスデの葉をかぶせて。こんな風に自然や季節を取り入れるのが日本の美ですよね。

日本の美学と伝統、素晴らしさに触れた楽しい旅でした。