2018.6.5

白肌にも似合うカラードレスで夏の準備を… by榎本洋子

皆さん、こんにちは! ライターの榎本です。梅雨入り間近ですねぇ。毎年この季節になると、とっても憂鬱。。お天気がどよんとしているからか、いつもモノトーンが多い私も、きれいな色が着たくなったりするんです。そんなとき活躍するのが「COS(コス)」のカラードレス!

 

寒色なら色に不慣れでも気恥ずかしさを感じないのが不思議です。なかでもシックなロイヤルブルーは大好きな色。黒で引き締めれば、さらに難易度が下がります。

 

このドレスのもうひとつのポイントは、後ろ開きのデザイン。何か羽織ったりウエストをベルトマークすればきちんと感が出て普段使いできますし、一枚ならリゾートや少しドレッシーなシーンにぴったり。色ものなのに汎用性がとっても高いんです。

色って小麦色の肌のほうが似合うと思い込んでいたのですが、意外と白肌派でもしっくり。特にアイシーなブルー系は肌に透明感をくれる気がします。肌を出すこれからの季節こそどんどん活用したいと思っています。


CREDIT:
DRESS/コス
SHOES/ピッピシック(この日と同じ)
BAG/コーチ (この日と同じ)

 

榎本洋子/フリーライター。
大学卒業後、ひょんなきっかけでファッション誌のライターに。その後、ブランドのプレス、Web制作会社を経て独立。現在は、ファッション、インタビューなど、雑誌やWebで取材&執筆の日々。好きなものは、 書くこと、おしゃれ、黒、鯖、トイプードル、昼寝。Instagram:
yokoeno

これまで紹介したコーディネート一覧を見る