2018.6.11

映画『万引き家族』~現代社会からこぼれてしまった“見えない人たち”に光をあてた、是枝作品の集大成

『万引き家族』
監督:是枝裕和
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林
配給:ギャガ TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中
©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


今年のカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、すでに大きな話題を呼んでいる『万引き家族』。あらゆる側面でニュースになっている作品ですが、これはシンプルに言えば“つながり”を描いた映画。これまでも家族を題材にして映画を撮ってきた是枝裕和監督の集大成ともいえる作品になっています。

舞台となっているのは時代からも街からも取り残されてしまったかのような、壊れかけの平屋。そこにはひと組の夫婦と息子、妻の妹、夫の母が住んでいます。祖母のわずかな年金を頼りに、夫は日雇労働、妻はクリーニング店、その妹はJK風俗の店で働き、足りない分は夫と息子の万引きでカバー。ある日、近所で虐待されている女の子を夫が連れ帰ってきたことで、この家族が抱えている秘密や不安が露わになっていきます。

雑多なものたちが地層のように重なる部屋(生活の匂いを行き渡らせた美術さんの仕事の凄まじさ!)で、身を寄せ合う貧乏暮らし。法律では裁かれる側の人たちではあるけれど、ここには下らないことでケンカをしてどうでもいいことで笑いあえる、薄汚れていても豊かな日常があります。だからこそ、この家族の関係がひび割れていく後半があまりにも痛ましい。

家族が縁側から“見えない花火”を見上げるシーンが象徴しているように、是枝監督は現代社会から落ちてしまった“見えない人たち”の存在に光をあてています。虐待によって小さな命が失われたニュースを耳にして、もしもあの子が新しい名前を与えられて笑顔を取り戻した映画の中の女の子のように、こんな一家に出会っていたらと、ありえたかもしれないもうひとつの未来を想像して、胸がおしつぶされる思いになりました。「産んだら誰でも母親になれるの?」「誰かが捨てたのを拾ったんです」とあふれる涙を乱暴にぬぐう安藤サクラの問いかけが、いつまでも胸に残ります。

PROFILE

細谷美香/1972年生まれ。情報誌の編集者を経て、フリーライターに。『Marisol』(集英社)『大人のおしゃれ手帖』(宝島社)をはじめとする女性誌や毎日新聞などを中心に、映画紹介やインタビューを担当しています。
細谷さんの他の映画記事を見る