贈る人の事をしばし考え、思いを巡らせながらあれにしようか、これにしようか、と考えている時間が好きです。記念に残るものも、その方が好きだろうなと想像し選ぶスイーツも菓子自体に歴史があるものが個人的に好み。

時間をみては丸の内のCafe COVAに行き、お茶の間に店内のチョコレートやケーキのショーケースを覗きます。

”ショコラは恋の媚薬”

とCardに記されている通り、チョコレートはバレンタインやその他たくさんの想いを繋いできました。

クラシックでシンプルなものを基準に選ぶのがモットー!

COVAのジャンドゥイヤはちょっとした手みやげに最適です。

一粒からも買えます。

金色の包みの中にヘーゼルナッツのペーストとカカオ。

ナポレオンの元兵士だったアントニオコヴァが、ミラノのモンテナポレオーネ通りに開いた社交場は様々な著名人に愛されるカフェとなり、小説の中にもしばしば名前が登場します。

ジャンドゥイヤとカプチーノの組み合わせで、ホッと一息ついて欲しいな、と思う人にいつも贈る様にしています。

Always with Love