2015.4.30

GW本番! リゾート美容vol.5〜メイク編〜

リゾートのプールサイドで、これから結婚式の二次会にでも出席するのかと見まごうばかりのバッチリメイクされている方……いらっしゃいますね。先ほども、何人かお見かけしました。「付き合って間もない彼氏と一緒で、素顔をまだ一度も見せていないから」という理由ならまだしも(まだしもなのか?)、「いつものメイクからのマイナスの仕方がわからない」「非日常の場所だからこそ、気合いが入ってしまって」という方がほとんどなのではないでしょうか?

そこで不肖、編集部・大森のリゾートメイクを紹介させていただきます。

ビーチ&プールサイド 究極の“くずれない”メイク!

<上から>ウオータープルーフの眉マスカラ! セット力、キープ力が素晴らしい。 M・A・C ウオータープルーフ ブロウセット ブラウンエボニー
落ちにくいのに、薄付きなのでとってもナチュラル。パウダーやペンシルじゃなく、やはりリキッド(こちらは筆ペンでなく、フェルトペン・タイプ)がよいです! ロレアルパリ スーパーライナー リキッドブロウ 02
□ 濡れても大丈夫(粉顔はこれを許しません)
□ くずれ方がキレイ(水や汗に強いメイクにも、やはり限界はあるのです)

リゾートメイクはこの2点につきます。バシャバシャ泳ぐ派の私は、日中は日焼け止め+眉メイク+SPFがあるリップクリームONLY。あとは、フェイスの大きなサングラスがあれば、 大丈夫と腹をくくっています(男前!)。眉は落ちづらいリキッドで毛のないところを埋めて、眉マスカラで毛流れを整えてフィックス。たったのこれだけです。これなら、メイクはくずれません(当たり前!)。遠足は帰宅するまでが遠足であるように、メイクだってメイクを落とすまでがメイクです! ゆえに、仕上がり直後の顔だけでなく、数時間後の顔も想像してメイクするのが得策なのです(断言!)


ナイトアウト編  “間接照明対応”な時短メイクを!

<右から> 色付きリップクリーム特有のじんわり赤み唇は、かなり色っぽい(と思う)! メイベリン リップクリーム 04
日焼けした頬には、結構広めになじませるといい感じ。黄み肌の人はオレンジ系をセレクトしてください。アディクション チーク スティック 07
何はなくてもこの1本なハイライター。上品なツヤ感を肌にプラスしてくれて超便利。クリニーク スティック スカルプティング ハイライト 02
溺愛しているリキッドアイライナー。塗りやすく、長持ち。そして、にじんだりせず、落ち方もスマート(この落ち方が実に重要)! フローフシ モテライナー リキッド ブラウンブラック

□ヘルシーさが命(焼かない派の私ですが、目指すメイクは、バカンスを謳歌するフランス人です)
□肌はスッピンでも大丈夫(間接照明は偉大! 海外の夜は思うよりずっと暗いので大丈夫です。勇気をもってLet’sスッピン!)
□粉は無用(テカリやすい方はTゾーンにだけ、どうぞ)

夜は街にしゃしゃり出たい派です。練りチークを頬骨の日焼けしたあたりになじませ、骨の高い部分にだけハイライトを重ねます。リップは色付きリップクリーム。目元は目尻にだけアイラインをスーッと引けばOK(※眉はプールサイドと一緒)。とにもかくにも湿度を感じるツヤ感重視の火照った肌と好相性のウルトラ時短メイクです。自然光の下ではヌラヌラとしすぎる危険性もありますが、リゾートのBARなどの間接照明の下では結構いい感じのツヤめきになってくれます。

全5回お送りしてきましたリゾート美容、いかがででしたでしょうか? 各回とも超個人的な意見ですので……あくまでご参考までに!?

では、皆様、素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

Bon voyage!