立ち喰いの梅干し屋さんを発見しました。
沢山の種類があるのですべて試したくなります。

全て本物で100個近くはありそうです。

私の梅干しの概念は、
「酸っぱい」のが当たり前で、夏のお弁当には欠かせない物、おにぎりの定番、歯が痛いときにも、お腹が痛いときにも効くとおばちゃんに教わりました。
梅干しは家で作るもので、おばあちゃんが作ってくれるものだと思っていました。
実家の庭の大きな梅の木から我が家の梅干しは作られます。
しその葉とお塩だけのシンプルな梅干し。
幼い頃、天日干ししている梅干しをつまみ食いしていると雨が降りそうだと縁側に入れて置いてと頼まれて弟と一緒にしまった記憶があります。
お日さまを浴びた梅干しは酸っぱいけど、塩辛くなくやさしい味だった思い出。

娘は、酸っぱくない梅干しが良いとオーダーしていました。梅干しは酸っぱくて当たり前なのにと思いながら。娘は酸っぱくないからママも食べてと一口味見しました。甘い!砂糖が入っているね!食べ終わってから同じ商品のパッケージを見たら残念ながらトレハロースが入っていました。まだ、はちみつだったらよかったのになあ~

 

でも、オーダーする前から食品添加物は入っていますかとは聞きづらいからものです。

シンプルな商材を探すのが難しい今日この頃です。
私のくちぐせは、自分のカラダは自分の食べた物からできています!

松丸弘美(まつまる・ひろみ) 1970年 千葉県市川市生まれ。実家の梨園農園を営む両親の背中を見て育ち、自分でも何かを創くる事を漠然と考えていました。ダナ・キャランの服が大好きで19歳の時にNYまで行き挫折し。20代は香港で仕事中に突然難病と宣言され闘病し奇跡的に回復。その後、アメリカ・オーストラリアへ渡米しBEAUTY を学び。30歳で表参道にShou BEAUTY SalonをOPEN。当時はまだ数少ない『ブラジリアンワックス』を提供し。去年15周年を迎えお客様からの褒め言葉『BEAUTY OTAKU』を頂き。今年の1月20日よりWEBマガジン『mi-millet』のBLOG 公開中!『アンダーヘアの白髪・タルミ』の悩み相談募集中! www.shousalon.com