2015.5.4

伝説的雑誌「HOLIDAY」のポップアップが銀座に

先日、このブログで紹介したジェーン・バーキンも支援している南三陸支援活動の発起人でいらっしゃる作家の村上香住子さん。そのama projectと(4月にはパリのセレクトショップcolletのコレットのウインドーも占拠!)目下、パリでもっとも話題の雑誌「HOLIDAY」とのコラボによるポップアップが銀座松屋3階リタズ・ダイアリーで開催(5日〜12日)されます。

カメラマンのジョッシュ・オリンズ(Josh Olins)やカリム・サドリ(Karim Sadli)、イネス&ヴィノード(Inez&Vinoodh)らが撮影を手掛けた。

「HOLIDAY」はもともと米で生まれた文学とファッションのカルチャー誌。ヘミングウェイやスタインベックも寄稿していた伝説の雑誌です。永らく休刊していましたが、「バルマン」などのアートディレクターを務めるフランク・デュランが2014年に復活させ、現在は年に2回発刊されています。この雑誌の存在を村上さんから教えていただいてから最新号が発売されるのを首を長くして待っていました!

今回の日本特集は、海老蔵さんが表紙。ほかに、ドナルド・キーンの「三島論」節子バルテュスの着物コレクション特集や安藤忠雄氏の特別インタビューなどが掲載されています。海外から日本がどのように見られているのかが再認識でき、とても興味深い一冊になっています。

「ホリデイ」グッズのTシャツやキャンドルのほか、ama projectの新製品が販売されます。


銀座にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。編集部・大森も何度か顔を出すつもりです!