2015 May. 7

日焼け後の、
スキンケアいろいろ

日本の暦上の素晴らしいイベント。大型連休が終わり、
少し泣きそうになりながら、朝から仕事に復帰し、30分も経つと
連休のことも忘れ、こうしてPCに向かっています。

今日は、公私ともに認める「日焼け派」である私の、
日焼け後の肌の「甘やかしメソッド」をご紹介します。
せっかくきれいに焼けても、その後肌がカサカサだったりくすんでいたりするのは
本意ではないので、しばらくは甘やかすようにしています♡

①ごわつきNG。艶のある肌をまず
洗顔後、パナソニックスチームで肌を温め、柔らかくしながら、
メルヴィータのビオオイルエスクトラオイルでマッサージ。
デコルテや首まで忘れずに。これで、日焼け肌をつややかに保てます。
②かさつきNG。柔らかな肌へのステップ
時間がない朝などは、これが、ミモレでもご紹介している
ドモホルンリンクルの泡の集中パックに代わります。
少しごわついたり、かさつく肌も、このパックでもっちりと。
③素肌を安定させるには
パックやマッサージの後は、シスレーの集中美白エッセンス、
フィトブランを素肌になじませます。安いものではありませんが、
これをしとくかしとかないでは、素肌の安定ぶりが違うのです。
エステに行く時間がないからこそ、の必要経費です。
④肌を冷ますことを忘れずに
その後、アルビオンのスキコンのマスクで肌を落ち着かせます。
これは、旅先にも必ず持参する、おそらく10年は使っている私の定番です。
日焼けが過ぎたときは、冷蔵庫に冷やして、1日2、3度使います。
⑤肌を痩せさせないステップ
さらに、オルラーヌのコンサントレB21を。これも、エステに行かない代わりの、
特別ケアです。
⑥くすみがない未来の肌へ
そして夜は、もう1度スチームを素肌に当てることもありますが、
SK-Ⅱのホワイトニング ソース・ダーム・リバイバル マスク
くすみのない明度の高い肌に、最後の仕上げを。

もちろん、毎日すべてをやるわけではありません。
その日の素肌の状態によって、部分的に、取り入れる場合も。
そもそも、ミモレ世代の日焼け派、そんなにいないと思いますが(笑)、
特に日焼けだけに特化しているアイテムたちではないので、
今の季節のお手入れのヒントにしていただけたら。

そして、もちろんインナーケアも忘れてはいけません。
オオニシ先生のtips、毎日是非ご覧くださいね。

大草 直子

  • 素肌同様、いやそれ以上に髪も日焼けします。ビーチでは髪用の日焼け止めとハットを駆使しますが、毎日のケアでも気を付けるように。<右から>毎日使っている、エピキュアリアン ヘアトニックはもちろん、ジョンマスターのアルガンオイルは、疲れた頭皮、ドライな頭皮をマッサージしながら、柔らかく。ヘアドライの際は、プロタクトのヘアシャインセラムで潤いを与えます。→これ、本当に潤うので、かけすぎ注意です(笑)。
  • ボディももちろん、愛情たっぷりと♡ <右から>メルヴィータのハンド&ネイル用オイルは、ポーチに入れっぱなし(ごめんなさい、日本未発売みたい。お土産で頂きました)同じくメルヴィータのリセットミストは、背中や肩、腕など、気づいたときに。その後、潤った肌にフタをする意味で、AVEDAのラベンダーボディクリームを。私、なぜか旅に出ると、必ず痩せるので、それをキープするべく、クラランスのアンティオーでのお手入れも♡
Today's pickup

通勤の電車の中も、どことなく空気がフレッシュな気が。きっと、みなさま、たくさんリフレッシュしたんでしょうね!