長い連休で羽根を伸ばしに伸ばしすぎてしまい、さらに美味しいものをたくさんいただいたので、体が重い、重い(笑)。わかっちゃいるけど、止められないんですよね……飲むこと、食べること。

突然ですが、私、ダイエットをすることにしました。というのも、友人が−10kgのダイエットに成功したんです! それも3ヵ月という短期間で、リバウンドもしていないというから驚きです。

 

久しぶりに再会した友人は一回り……いや二回りも小さくなっていました。顔はほっそり、肌ツヤはよく、見違えるよう。成功の秘訣を聞いてみたら「管理栄養士さんに食事のコーチングを受けただけ」というシンプルな回答でした。

え……? それだけで−10kg?

私たちの体は食べ物から栄養を摂り、健康な体をつくっています。でも、歳を重ねると消化と代謝のバランスが乱れ、なかなか代謝にまでエネルギーが回らな い。つまり、脂肪を燃焼する前に食べものを消化することだけにチカラが注がれ、脂肪分はそのまま体に蓄積されてしまう(笑)。ダイエットをするなら消化と代謝、この2つのバランスを整えることが先決なのです。

 

管理栄養士の板橋里麻さんは、これまでに2000人ちかいダイエッターたちのパーソナルカウンセリングを実施し、ほかにも日本テレビ系列「世界一受けたい授業」の番組の一部監修やセミナー講師、企業カウンセラー、レストランメニューの開発など、活躍の場は図り知れず。

板橋先生は“続けられるダイエット”として、食べるファスティング「delifas(デリファス)!」を提案しています。「一時的に痩せたとしてもまたすぐに戻ってしまうのでは意味がありません。毎日の食生活を整えながら健康的に痩せたいという願いにどう応えていくか、を考えてつくり出したダイエット法です」。

飲むこと、食べることが大好きな私が気に入った理由はもうひとつ。

お酒を断たなくてもいいということ。「もちろん、お酒を止めたほうが効果は出ます。でも、仕事の付き合いでお酒を飲んだり、ご飯を食べに行く機会もあるでしょう。もちろん、お酒は控えていただきますが(笑)、飲んだあとの食事で調整する方法をお教えしますね」。

 

食べながら痩せるダイエット……これなら続けられそう。先ほども話したとおり、今までの食生活ではいけません。まずは3日間、「delifas!」のファスティングからスタートすることにしました。

朝はデトックスジュースで体を目覚めさせ、昼は両手いっぱいの生サラダランチ。夜は野菜スープで胃腸を整えるメニュー。旬の有機野菜やフルーツを使った先生お手製の3日分の食材が宅急便で届きます。

3ヵ月で5kgのダイエットに挑戦です。本当は10kgと言いたいところですが、数字がプレッシャーになるのもイヤだな、と。まずは確実な目標設定ということで−5kg。

これから、しっかりと整えていかねば。「小腹が空いたときはどうしたらいい?」「昼は麺を食べたい! うどんと蕎麦、どっちが低カロリー?」「お肉を食べたいときのオススメの調理法は?」などの疑問にもアドバイスいただいています。言われてみればそうだけど、目からウロコの話ばかり。

皆さんのお役に立てるヒントがあるかもしれません。とにもかくにも3ヵ月、キレイのヒントをお届けしてきたいと思っています。