2015年 春の特集 賢者のキレイtips 水井真理子

2015.5.31

ビューティーアドバイザー水井真理子さんのTips7
キレイな髪で機嫌よく!

頭皮と肌は一体。頭皮もスキンケアと同じようにひと手間をかけてあげるだけで、艶がUpします。私は一度、髪が傷んでパサパサになってしまったことがあるので、それ以来、次のポイントに気をつけています。

POINT1
週1回、頭皮にオイルつけてマッサージ。

お風呂に入って髪の毛を洗う前に、毛穴の汚れを浮かせるためにマッサージを。このあとにシャンプーすることで、ディープクレンジングができます。

 
左から:愛用のヘアブラシは、マークス&ウェブのもの。ヘアオイルはルネフルトレールのコンプレックス5を。右はドライスカルプ用の美容液。ザ・ヘアケア フェンテフォルテ パワービューティードロップ

PONT2
トリートメント中は、アルミのヘアキャップでお風呂に浸かる。

トリートメントにはヘアオイルを混ぜます。つけたら髪を1度コームでとかし、髪全体にトリートメントがなじませて。そのあと、アルミのヘアキャップをかぶりお風呂につかって温めて浸透をアップ!

左:指先と髪先のための蜜オイル 花はちみつ/ワンダーハニー 右:髪にも使えるアロマオイル。アーバンアーユルヴェーダBC/veludo

そして、日中は機嫌の良い状態をつくることが大切! ちょっとした合間にアロマオイルを手首や髪先につけて元気な気分をチャージしています。
アロマオイルは”先端”につけることで、自分でも好きな香りを楽しめます。左は、爪にもヘアにも使えるミストのアロマオイル。日中、持ち歩き用に便利です。右は、美容室AMATAのオイルで、髪にも頭皮にもつけられるタイプ。




元気はキレイのもと! お気に入りの香りを纏って気分転換することで、笑顔で過ごすことができ、その気分の良い状態が続くことで、手のストレッチや夜のお手入れを楽しむ余裕も出てくると思います。皆様もぜひ、取り入れてみてください。

時間がある時に、毛先にアロマオイルをちょっとつけてみると、ふとした瞬間にフワッと香り気持ちがリセットされることも。