©UNHCR/Bathoul Ahmed

この5歳の女の子、とってもキュートだと思いませんか?

彼女は、国内避難民。イラク第二の都市、モスルが1年前に過激派組織「イスラム国」に制圧された際、逃れざるを得なかった大勢の住民のうちの一人です。

名前は、ナグハム。今は、イラク北部のクルディスタン地域にある、国内避難民のためのキャンプで、家族と暮らしています。

可愛い子どもを見ると幸せな気持ちになりますが、このような場合は、同時に複雑な思いがします。これが、世界の現実。ナグハムのような子たちの存在を、忘れないでおこう。6月1日は、「国際子どもの日」。