レストランでBurieのチョコレートを戴いたのがきっかけで、お店と工房へお邪魔してきました。

本当に美味しいチョコレートは取った瞬間から手で溶け始めるものー

Stevenの謎めいた言葉がずっと頭から離れませんでした。。

Chocolatier Burie。創業は1962年彼のお父様が開店し、現在は弟のLievenが職人となり受け継いでいる、家族経営のクラシックなチョコレートを手作りで行う、数少ない老舗のお店です。

巨人の手を切り落とし川に投げ捨てたーというhand 手をwepen投げ捨てる Antwepenから街の名前由来が付いたとされています。まさにアントワープ物語る象徴のチョコレートです。

それではチョコレートの香り漂う工房へー

 

 

 

毎日40kgのチョコレート溶かすというこの機械はしっかりと温度管理されています。各シーズン毎に店頭に並べ替えるチョコレートの飾りや、自家製オレンジピール、オーダー製品など全て工房で仕上げています。工房の扉一つ隣がLievenの自宅となっていて、生活と職人の仕事が背中合わせなのが伺えます。今シーズンは旬のホワイトアスパラガスといちごをテーマにしたチョコレートを飾っています。ロイヤルブルーゴールドのパッケージもとってもエレガントです。ショウケースには15ー16℃で温度管理された美しいチョコレートが宝石のように並んでいます。どれを買おうか迷ってしまう程。

アントワープにお立ち寄りの際は是非訪れてみてください。職人芸ならではの口溶けの良い、香り高いチョコレートの味に幸せな気分になれます。

 

お店は目抜き通りのメイヤー通り近くにあります。

住所 :Korte Gasthuisstraat 3   2000 Antwerpen,Belgium

営業時間:月曜日から土曜日 の10:00-18:00  日曜、祝日定休。

www.burie.be