2015.6.22

「delifas!」で−5kgダイエット_07

なにごともバランスですね……。

1ヵ月を過ぎたころから体重がなかなか減らない状態が続き、その反動で過食傾向に……。気づくとあっという間に体重が増えてしまいました。

せっかく痩せたのに、ここで戻ってしまっては……元も子もない。管理栄養士の板橋里麻先生にそのことを告げたら、「タイミングは少し早いけど、「delifas!」のファスティングをやってみましょうか」と提案され、急遽、先週末から始めることに。2度目のファスティング、今日は3日目です。

ダイエットのツラさは“食べられないこと”にあると聞きます。でも、先生の“食べるファスティング”は本当に美味しいし、ダイエットなのにダイエットと思えない。ツライと感じないのが不思議ですよね。

 

急なお願いにも関わらず、食材を調達していただきました。野菜のほとんどは有機で育てているものを契約農家さんから直送していただきました。野菜とフルーツからたくさんの酵素を吸収し、体を整えていきます。

 

 

昼はサラダをいただきます。トマト、ルッコラ、グリーンレタスなど、どの野菜も香りも味(苦みや甘み)もしっかりします。3日分のメニューは教えていただくので面倒なことはありません。
そして、ドレッシング。先生から教えてもらった塩麹とお酢(おおさじ各1)、ハチミツ(小さじ1)を合わせてつくりました。

 

 

朝のフルーツジュース、夜の野菜スープは先生が監修してつくってくれたものが冷凍保存で届きます。前回もそうでしたが、スープは野菜の旨味がダシとして残っているので濃厚で美味。

今朝のデトックスジュースは、いちご、トマト、にんじん、ビーツ、ピンクペッパー、はちみつ。ビーツが入るとこんなにキレイなピンク色に。

ファスティング食にすると、食べることの大切さ(何が必要で、何が必要でないか)を考えさせられます。「食育」、これは子どもだけじゃなく、大人にも必要なこと。先日も撮影で一緒になったカメラマン、メイクアップアーティストのスタッフの皆さんと話していたところでした。

それから、誰と一緒にご飯を食べるかも大切です(笑)。

ダイエット中といっても仕事やプライベートのご飯の誘いは受けています。お酒だって量を抑えれば飲めますし、お肉だって食べます(だから、「これでダイエットしているの?」と聞かれることが多いのですが……)。ファスティング1日目、急遽、友人から「ランチを一緒に」という連絡がきました。断ることもできたのですが、軽食に切り替えてもらって会うことにしました。でも、会いに行って正解。食事だけじゃなく、気持ちのデトックスができたから。このバランスも必要なんですよね。

ファスティング、あと残り半日。ガンバリマス。

 

前回計測から −1.6kg(TOTAL −4.2kg)